Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

俺、この戦いが終わったら・・・大喜利カルタカードゲーム「ヒットマンガ」レビューと感想

      2018/11/06

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケットチェックするやーつ」を作りました。


ヒットマンガヒットマンガ

タンサンアンドカンパニー

Amazonで詳細を見る

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ヒットマンガ デザイナー
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間30分 年齢6歳~
プレイ人数4~10人

「ヒットマンガ」ってどういうゲーム?

「ヒットマンガ」の紹介

カードゲーム「ヒットマンガ」は親のいう場面に合わせて並べられたカードを取る、「かるた」をベースにした盛り上がるパーティーゲームとなっています。

ルール概要

基本的には「かるた」と一緒です。親となった人が山札からカードを取り、そこに描かれた絵に合わせてセリフを言ってみます。

他のプレイヤーは親の言った場園に当てはまるカードを取り、正解かどうかを確認します。見事、親のカードと同じものだった場合はそのカードを獲得して点数にすることができます。

親が誰にも伝わらないお題を言ってしまい、だれも正解しなかった場合、親はペナルティとして打ち切りカードをもらってしまいます。

これを繰り返し、ゲームが終了するまでに最も多くカードを獲得できたプレイヤーの勝利となります。

ゲーム感想

基本的には本当にかるたと同じです。けれども絵柄が妙に馴染みのあるものが多く、なんとも面白いです。

ただ、ゲームとしてテンポが良いか、と言われるとなんとも難しいところです。というのも、親番の人がその場面についてどう表現するのか迷ったりするとどうしてもそこで進行が止まっちゃったりします。

けれどもまあ基本的にはわいわいと楽しみながら盛り上がれますので、パーティーゲームの1つとして良いのではないでしょうか。

ゲーマーとしては、どうしてもルールとして「わかりやすいお題」によりがちになっていますので、皆が不正解していくごとに点数レートが上がっていく、といった要素があるとより楽しめたかなあと思ったりしました。

このカードは自分がお題を言いたい、これで伝わるか!? ゲーム中のそんなちょっとしたやり取りから大きく盛り上がれるゲームです。

普段から漫画を読んだりするような友達が多い人にはお勧めのゲームなのではないでしょうか。


ヒットマンガヒットマンガ

タンサンアンドカンパニー

Amazonで詳細を見る

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ヒットマンガ デザイナー
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間30分 年齢6歳~
プレイ人数4~10人

似ているボードゲームのレビュー

「擬音フェスティバル」: ★★★★☆

デザイン:さいころK
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、プレゼンテーション、同人、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~10人・8歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「ゴビット」: ★★★★★

デザイン:
どんなゲーム:バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、アクションゲーム、カードゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~8人・6歳~

「ノームの村」: ★★★★☆

デザイン:
どんなゲーム:ボード、アクション、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~6人・8歳~

「私の世界の見方」: ★★★★★

デザイン:アース・ハーステトラー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~9人・10歳~
2005年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「エスケープ」: ★★★★☆

デザイン:クリスチャン・アムンゼン・オストビー
どんなゲーム:タイル、ダイス、シンプルなルール、移動・運搬、絵・数合わせ、依頼達成、リアルタイム、協力、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:1~5人・8歳~
2013年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

同じデザイナーのゲーム

「ブラックストーリーズ」: ★★★★★

デザイン:ホルガー・ボッシュ
どんなゲーム:カード、コミュニケーション、推理、パーティーゲーム
プレイヤー:2~20人・12歳~

「宝石の煌き」: ★★★★★

デザイン:マーク・アンドレ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~
2014年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

「コヨーテ」: ★★★★☆

デザイン:スパルタコ・アルバタレッリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~6人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「スコヴィル」: ★★★☆☆

デザイン:エド・マリオット
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、依頼達成、オークション(同時)、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~6人・13歳~

「五本のきゅうり」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~6人・8歳~


人気記事一覧

最新記事一覧