Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

この本はうれるぞお!? 頭を使わない大喜利で本のタイトルを作るカードゲーム「横暴編集長」レビューと感想

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前横暴編集長 デザイナー(有)ジャンクション
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間20~25分 年齢10歳~
プレイ人数3~5人

「横暴編集長」ってどういうゲーム?

「横暴編集長」の紹介

カードゲーム「横暴編集長」は上下に分断された本のタイトルを使い、オリジナルのタイトルを作る大喜利ゲームになります。

タイトルがなんとも楽しいですね。

使うのは様々な本のタイトルが上下に分断されたカード。これが百枚も入ってます。これをシャッフルし、手札として五枚ずつ配ります。この時全てのカードが上・下どちらかで偏ったら捨て札にして引き直します。

次に場札として人数+2枚のカードを出します。これで準備完了。あとはスタートプレイヤーから順番に場札を取り、それに合うカードを裏向きで出して行き、全員の準備が完了したらプレゼンしていきます。

カードを見せるだけでも良し、どんな本なのかを解説しても良し。色々な楽しみ方ができるのが楽しいですね。

大喜利ゲームとしては、頭を使わないでも遊ぶ事が出来るのは良いですね。色々ある場札から好きな物を選ぶというのも選択肢が多いですし、他の人が何を取っていったのかを視ながら想像するのもワクワクします。

そうやって出来上がった札に笑えるのは、たまに真面目なものがあったりしてそれもまた浮き立って面白かったりするものです。

「マリア様が犬」「アルプスの少女メロン」など、卑怯とも言えるワードがバンバン飛び出る本作、かなり盛り上がるのは勿論、ゲームとしての難易度も低いのが良いです。

私の世界の見方もそうですが、お題に対してカードで答えるというのは考える必要がそこまでなく、自分のセンスだけで良いですのでダウンタイムが少ないですね。本作と「私の世界の見方」を比べると、こちらは一枚ずつプレイヤーが選んで行くので若干ダウンタイムは発生します。しかし、最大人数五人という事でそこまで気になるほどではありません。

多数決で採用を決めるというのも動きがあって良いですね。

その場に参加する面子で雰囲気も大きく変わり、何度でも遊べる大喜利ゲームとしてオススメです。最近話題になり、売り切れと補充を繰返していますので、手に入れる事の出来るタイミングで是非ともゲットしたい作品ですね。

プレゼンテーション・大喜利系、バカゲー、パーティーゲームが好きな人にはピッタリの作品かと思います。面白い作品です。

ヴァリアントルールとして、「私の世界の見方」方式で遊ぶのもまた楽しいでしょう。少しアレンジして、場札として「上・下」の二枚のカードを出し、それに対して10枚の手札から一枚出すという風にすると、さらに選択肢が増えるかなと思います。こういうルールのアレンジをして遊べるのもボードゲームの楽しいところですよね。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前横暴編集長 デザイナー(有)ジャンクション
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間20~25分 年齢10歳~
プレイ人数3~5人

似ているボードゲームのレビュー

「ロボラリー」: ★★★★☆

デザイン:リチャード・ガーフィールド
どんなゲーム:カード、ボード、移動・運搬、スポーツ、SF、プロット、パーティーゲーム
プレイヤー:2~8人・12歳~

「異業種交流会」: ★★★★★

デザイン:ゐぬゐぬゑ &
どんなゲーム:カード、会話、ファミリーゲーム、同人
プレイヤー:3~6人・12歳~

「ハムスターロール」: ★★★★☆

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:ブロック、シンプルなルール、パズル、バランス、アクション、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・6歳~

「インサイダー・ゲーム」: ★★★★☆

デザイン:佐々木隼
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、心理戦・ブラフ、正体隠匿、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:4~8人・9歳~

「擬音フェスティバル」: ★★★★☆

デザイン:さいころK
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、プレゼンテーション、同人、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~10人・8歳~
ゲームマーケット:出品


人気記事一覧

最新記事一覧