Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

他人を出し抜きお宝を手に入れろ!! 交渉と心理戦とバッティングのカードゲーム「BANDITS!」レビュー

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前BANDITS! デザイナー柳川 一隆
おすすめ度★★☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間10~20分 インスト時間10分
年齢6歳~ プレイ人数2~8人

「BANDITS!」ってどういうゲーム?

「BANDITS!」の紹介

カードゲーム「BANDITS!」は典型的なバッティングカードゲームに交渉と心理戦をプラスしたシンプルなゲームになっています。

場には4つの地図カードがあり、それぞれ色が対応しています。そこに得点である財宝カードが配置されます。手札のカードにはそれぞれ色と数字が描かれていて、これをプレイヤー全員で開示して財宝を取り合います。

もしも色が被ってしまったら、そこで交渉が発生します。財宝が2つあればそれを山分けするなりできるわけですが、1枚だったりお互い譲らなかったら戦争と称してカードを追加で出し合い、それで勝負をします。勝負が決まったらその処理をします。

これを繰り返していくわけですが、カードのドロータイミングは「次のラウンドに参加するかどうか」でまず決まります。次ラウンドゲームに参加しないと決めたらカードを1枚獲得。もしくは財宝カードを消費して獲得します。財宝カードを消費する場合、三点ごとに1枚カードをドローできます。

単純にカード1枚が勝利点三点と同価値になります。

また、30点~40点勝利点を消費する事によりゴーレムを購入できます。ゴーレムは対応する色の地図場でかならず勝てると言うもの。

もうすこしナイトカードやその他細かいルールもありますが、基本的にはこんな所。シンプルなバッティングゲームなので特に迷う所もなく遊べるかなと思います。

ただ、交渉・戦争要素が少し助長かなという所。ゲーム自体が停止しますし、カードの追加消費が単純に痛い。戦争が発生した時点で、カードの追加消費がほぼ確定するわけで、その時点で勝利点的には3点消費するわけですね。その後の進行が辛くなるのは必須で、むしろこの交渉・戦争要素は点数的にリードしておりカードに余裕があるプレイヤーにさらにリードさせるために機能しているような気がします。

単純なバッティングによる数比べであれば出す時点での読み合いも加速するかと思いますが、逆に交渉・戦争要素があるためにその部分が薄まっている所があります。

また、ゴーレムの存在も疑問点で、まずこれだけの点数を大量消費して買った後、ペイできるのかというのがそもそも疑問だということ。30点で買って、後々30点稼げばプラマイ0であり(まあゴーレムカードは消費されずに手札に戻るため実質的に勝利点の節約になるのでその限りではないのですが)、となればそれ以上に稼ぐ必要があります。それを思えば、ゴーレムは買った時点で色が固定されるわけですから、その後数ラウンドに渡り同じ色で高得点財宝カードが出続けるという条件をクリアしなければなりません。

五人で遊んだら10回のラウンドがあるわけですから、単純に十点カードを3枚ゲットしたとしてもあと7回のラウンド連続で赤になにが出るのか? という事になります。30点沈んだ後でその後どれだけ点数を重ねられるのか。難しい所ではあります。

また、バッティングながらドローが辛いこのゲーム、色と数字がランダムという所もキツいところがあります。点数的に有利なプレイヤーは勝利点でドローが自由にでき、勝利点が無いプレイヤーは手番を放棄しないといけない。手番を放棄したとして得られるカードは1枚。どこにカードをベットするのかという選択肢もまた点数的に余裕のあるプレイヤーに有利に働きます。

ゲームとして逆転をするのが相当に難しいという印象は拭えません。バッティングゲームとしての面白い部分が中々味わいづらいといわざるを得なく、全体的に点数的に沈んでいるプレイヤーを救済するルールがないため一度沈み込むとそのまま。という事になりがちとなります。

一つ一つの要素はシンプルにまとまっているからこそ、惜しいなという印象が強いゲームになっていると思います。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前BANDITS! デザイナー柳川 一隆
おすすめ度★★☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間10~20分 インスト時間10分
年齢6歳~ プレイ人数2~8人

似ているボードゲームのレビュー

「ブクブク」 : ★★★★☆

デザイン:ステファン・ドーラ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、同時アクション、バッティング、ゲーマーズゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~5人・10歳~
2001年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「傭兵隊長」 : ★★★★★

デザイン:ドミニク・エルハール
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、陣取り、エリアマジョリティ、ネットワーク、数字比べ、心理戦・ブラフ、交渉、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~6人・12歳~
1995年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「フラムルルイエ」 : ★★★☆☆

デザイン:れらしう
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、心理戦・ブラフ、トリックテイキング、同人、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:出品

「キャッツ・パーティ」 : ★★★★☆

デザイン:イイダテツヤ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、同時アクション、ドラフト、バッティング、同人、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~6人・7歳~
ゲームマーケット:出品

「毒の王冠」 : ★★★☆☆

デザイン:日陰
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、バッティング、正体隠匿、中途脱落、同人、パーティーゲーム
プレイヤー:4~5人・12歳~
ゲームマーケット:出品

32個の似ているゲームを全て見る

他の2011年度ゲームマーケット出品ゲームレビュー

「惨劇ルーパー カイ」 : ★★★☆☆

デザイン:BakaFire & BakaFire Party
どんなゲーム:ボード、推理、移動・運搬、同時アクション、協力、同人
プレイヤー:2~4人・13歳~
ゲームマーケット:出品

「ヴォーパルス」 : ★★★★☆

デザイン:I was game
どんなゲーム:カード、ファンタジー、ドラフト、同人
プレイヤー:2~5人・10歳~
ゲームマーケット:出品


 - レビュー