Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

ブラフとワーカープレイスの異色の組み合わせ手軽な読み合いがゲームを加速させる「ワナと魔石と魔物たち」レビュー

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ワナと魔石と魔物たち デザイナー楽々
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45~60分 年齢8歳~
プレイ人数4~4人

「ワナと魔石と魔物たち」ってどういうゲーム?

  • ゲームマーケット出品

「ワナと魔石と魔物たち」の紹介

ボードゲーム「罠と魔石と魔物たち」は、魔物を狩る傍らで他人を罠にかけ、自分の取り分を大きくしていくブラフ系のゲームです。

ゲームの基盤にワーカープレイスメント、その処理メカニクスとしてブラフゲーム「髑髏と薔薇」を取り入れたなんとも異色といえる実験作といった風合いが強いゲームです。その攻め攻めなスタイル、嫌いじゃありません。中々に雰囲気もルールも綺麗にまとまっている同人ゲームになります。

ゲーム開始時に、全員にカードを配り、それを1枚ずつ手元に置いて残りを回していく「ドラフト」によってまずは手札を確定します。カードには5種類の得点ソースを倍化させる魔石カードと、罠を無効化したり収穫量を倍にしたりといったアクション系カードがあり、まずはこれによってゲーム中の計画を立てる事になります。

ここでのカードの選択によって、今後どの魔物を狩っていくのかというのがほぼ確定するので、ドラフトで流れていったカードにも重要なヒントが多分に含まれています。

そしてゲームが開始。まずはどのカードを場札として設置するかを選びます。

次に5つある狩り場それぞれにチップを配置していきます。チップには数字、もしくは罠のイラストが描かれていて、数字チップを裏返せば見事魔物をゲット、罠を裏返してしまえば罠にかかり、自分の設置したカードが奪われてしまう! という塩梅。

最後に「どの狩り場にいくのか」「どのアクションを行うのか」をワーカーを設置をしていきます。

他人が先に行ったアクションを自分もしたい場合は他人より1以上多くワーカーを支払う必要があります。そうすることにより他プレイヤーのアクションを取りやめにして自分が行えるようになります。全員がワーカーを設置し終えればいよいよアクションの解決となります。

狩り場のアクションを実行するときは、ワーカーを設置しただけチップをめくり、ワナが無ければ見事成功! という感じです。

細かなルールなども有りますけれど、概要としてはこんな感じ。シンプルなワーカープレイスメントでありながら、ゲーム進行にブラフ要素が入っている感じで中々に新鮮です。遊び味としてはかなり軽い部類に入ります。読み合いも中々に面白くありつつ、先手が振りというのもありますね。そのため、アクションとして「誰かにスタートプレイヤーを譲る」というものもあり、ここもまた戦略として生きてくるところです。

先手のプレイヤーから処理をしていくため、先のプレイヤーがめくったワナの情報は開示されるわけで、後手番プレイヤーはそれを加味してワナをめくる事になります。ここらへんが他のブラフゲームとの違いといった所でしょうか。

ゲーム全体を見渡し、その通りにどれだけ動けるのかというのが相当に重要になるゲームですね。他人がどの魔物を狩っているのかという情報はそれぞれの個人ボードに公開情報として報されていますが、それを受けて途中から集める系統を変えるといった事は相当に難しい感じです。ブラフゲームでありながら、当初立てた計画通りに動かないとイケナイという所がちょっとチグハグな感じを受けますね。

序盤からドラフトにより行動を計画するため、勝ち筋が固定されるという面もあります。

特に後手番は、かなりの情報が開示されている状態からチャレンジを始まるため、ほぼめくる内容が読めている状態で行動することになります。遊んで見るとあまりブラフ感はなく、手なりになりがちなのかなというところも。

また、極端なリードをしてしまうともう「狩り場に行く」という行動自体が不要になるため、ゲーム終盤にいくにつれてゲームプレイが盛り上がりにかけることになる場合もあります。

全体的に素直なゲームですね。嫌いじゃないです。面白く遊べました。総じて軽い遊び味、軽いジレンマという感じですので、カジュアルに遊びたいという人にはお勧めかと思います。題材にピンと来た人も買いでしょう。純粋にブラフ感を求めるとちょっと肩すかしを食らうかも知れません。

プレイ人数が「4人」で固定のため、ここも注意が必要です。サックリ遊べるためこの問題はとくに気にならないかと思いますが。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ワナと魔石と魔物たち デザイナー楽々
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45~60分 年齢8歳~
プレイ人数4~4人

似ているボードゲームのレビュー

「キャッツ・パーティ」: ★★★★☆

デザイン:イイダテツヤ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、同時アクション、ドラフト、バッティング、同人、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~6人・7歳~
ゲームマーケット:出品

「アンドールの伝説」: ★★★★☆

デザイン:ミヒャエル・メンツェル
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、移動・運搬、ファンタジー、RPG、協力、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・14歳~
2013年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「擬音フェスティバル」: ★★★★☆

デザイン:さいころK
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、プレゼンテーション、同人、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~10人・8歳~
ゲームマーケット:出品

「世界の七不思議」: ★★★★☆

デザイン:アントワーヌ・ボウザ
どんなゲーム:カード、ボード、建築、同時アクション、セットコレクション、ドラフト、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~7人・10歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「ロンド」: ★★★★☆

デザイン:ライナー・クニツィア
どんなゲーム:タイル、ボード、シンプルなルール、ファミリーゲーム、ゲーマーズゲーム、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・8歳~
2013年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

他の2015年度ゲームマーケット出品ゲームレビュー

「たのめナイン」: ★★★★☆

デザイン:dai & チカール
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・10歳~
ゲームマーケット:出品

「にゃぱーと」: ★★★★☆

デザイン:まさ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、絵・数合わせ、同人、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・4歳~
ゲームマーケット:出品

「フラムルルイエ」: ★★★☆☆

デザイン:れらしう
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、心理戦・ブラフ、トリックテイキング、同人、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:出品

「知ったかJ-POP愛好家」: ★★★★☆

デザイン:新安直樹(太陽皇子。) & G-S.T.F.
どんなゲーム:カード、ダイス、シンプルなルール、コミュニケーション、プレゼンテーション、協力、同人、バカゲー、パーティーゲーム
プレイヤー:3~10人・30歳~
ゲームマーケット:出品

「猖獗少女病」: ★★★☆☆

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、推理、セットコレクション、ゲーマーズゲーム、同人
プレイヤー:3~4人・12歳~
ゲームマーケット:出品


人気記事一覧

最新記事一覧