Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

相手の答えはなんだ・・・タコがあって、オクトパスはない・・・・だと? 3人専用推理ゲーム「百科審議官」レビューと感想

   

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前百科審議官 デザイナー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数3~3人

「百科審議官」ってどういうゲーム?

「百科審議官」の紹介

ボードゲーム「百科審議官」は、それぞれのプレイヤーが設定した答えを推理しながら、点数を獲得していくゲームとなっています。

ルール概要

プレイヤーはそれぞれ、自身の答えを秘密裏に1つ設定します。コンビニにあるもの、とか、手に持てる物、とか、足があるものとか、ある程度範囲が設定されつつ、「はい」か「いいえ」で答えられるものにします。

次に、プレイヤーたちそれぞれの色が割り振られた紐で円を作り、それぞれがまんべんなく交わるようにします。

手番では、それら円で作られた範囲内のどれかにピースを配置します。プレイヤーたちは、その範囲内に入るようなものが何なのか、予想しながら答えを付箋に書き込みます。基本的には単語で、「ピーマン」とか「イルカ」とか。それを発表し、プレイヤーはその答えに対して、「はい」か「いいえ」か「わからない」で答えます。

それによって入る範囲が決まり、付箋を貼り付けて、見事ピースと同じ位置に貼り付けられれば得点できます。

これを繰り返し、一定以上の点数を獲得できたプレイヤーが勝利します。

ゲーム感想

ちょっと不思議な推理ゲーム。変則的なウミガメのスープというか、意外な答えが意外な人の答えに入っちゃったりして、笑いが巻き起こるゲームです。

最初はヒントのない状態から、どんどん答えで埋まっていって、わかってきたような、わからないような、そんな霧に包まれたような感覚がしつつ、けれども答えを考えていかないといけない。

簡単な答えでも、結構わからなくて、おしゃべりしながら遊ぶのにちょうどいいゲームとなっています。

3人で遊ぶ、というのもなかなかおもしろくて、どんどん答えが埋まっていきつつ、絶対に答えがわからない、ということはあまりないようになっています。バランスが程よく、ゲームとしてのテンポもいいので、もう一回、もう一回と遊びたくなってしまいますよ。

ただ、答えの設定がちょっとむずかしい。例えば「ネットにある」という答えを設定してしまうと、たいていはネットにあるよね、となってなんでも「はい」と答えちゃったり。人によって入る入らないがあったりも。一度テストプレイをしてみて、何周かしてみてから感覚を掴んで本番、というのがおすすめですよ。

ワード系ゲームの新訂版になるかもしれません。面白いです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前百科審議官 デザイナー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数3~3人

似ているボードゲームのレビュー

「ケン・ニイムラ版ラブレター」: ★★★★★

デザイン:カナイセイジ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、推理、数字比べ、負け抜け、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~

「ドメモ」: ★★★★☆

デザイン:ピー・ハルヴァー
どんなゲーム:シンプルなルール、パズル、推理、勝ち抜け、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・8歳~

「人狼村からの脱出」: ★★★★☆

デザイン:スクラップ
どんなゲーム:シンプルなルール、コミュニケーション、パズル、推理、リアルタイム、協力、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~10人・12歳~

「チェックポイント・チャーリーの捜査」: ★★★★☆

デザイン:ホーセ・アントニオ・アバサル・エースド
どんなゲーム:カード、推理、ファミリーゲーム
プレイヤー:3~5人・10歳~

「スコットランドヤード」: ★★★★☆

デザイン:マンフリッド・バーグラフ & ドロシー・ギャレルズ & ウルフ・ホールマン & フリッツ・イフランド & ベナー・シラー & ベナー・シュレーゲル
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、チーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~6人・10歳~
1983年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

同じデザイナーのゲーム

「ブラックストーリーズ」: ★★★★★

デザイン:ホルガー・ボッシュ
どんなゲーム:カード、コミュニケーション、推理、パーティーゲーム
プレイヤー:2~20人・12歳~

「宝石の煌き」: ★★★★★

デザイン:マーク・アンドレ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~
2014年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

「コヨーテ」: ★★★★☆

デザイン:スパルタコ・アルバタレッリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~6人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「スコヴィル」: ★★★☆☆

デザイン:エド・マリオット
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、依頼達成、オークション(同時)、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~6人・13歳~

「五本のきゅうり」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~6人・8歳~


人気記事一覧

最新記事一覧