Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

俺達はこの一週間を生き残れるのか!? ホラー映画テイストお手軽協力カードゲーム「ファイナルデスウィーク」レビューと感想

      2016/11/11

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ファイナルデスウィーク
(Final Deathweek)
デザイナーkuro
ManifestDestiny
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30~40分 年齢12歳~
プレイ人数3~4人

「ファイナルデスウィーク」ってどういうゲーム?

  • ゲームマーケット出品

「ファイナルデスウィーク」の紹介

 カードゲーム「ファイナルデスウィーク」は、死亡フラグを避けつつ一週間を満喫しようとするホラー映画テイストのフレーバーと緊張感が楽しい協力ゲームとなっています。

ルール概要

 プレイヤーは固定のデスフラグカードと、手札として二枚のデスフラグカードをもっています。固定の方は全員に見えているのですが、手札の方は自分だけが見えず、他人にしか見えません。

 最初の数ラウンドはここから一枚のカードは親番の人以外は全員公開できますが、3ラウンド目からは条件が整えないと公開して自分で確認する事ができません。

 ゲームが始まれば、場にならんだイベントカードを全員が取っていきます。イベントカードには蝶々のアイコンがついており、このアイコンと固定デスフラグカードの色が完全に一致してしまえば死亡、ゲームは全員敗退で終了してしまいます。

 また、回避に成功してもアイコンと合致した手元のデスフラグカードの色数分のデスカウンターを受け取ります。これも五個以上取ってしまったら死亡となります。

 例えば自分のデスフラグが「赤、赤、黄」で、イベントカードが「赤、青」だった場合、青が外れているので生存できますが、赤が合致しているので色数分である一つのデスカウンターを受け取ります。

 これを繰り返し、見事7ラウンド生き残る事ができたら全員ゲームクリアとなります。

ゲーム感想

 シンプルながら自分以外のカードが見えている中で、どうイベントカードを獲得していくのか、という所で非常に悩ましいゲームとなっています。

 基本相談禁止のゲームですので、どこか淡々としながら、それぞれがそれぞれの考えでお互いにカードを押し付けていく。そんな緊張感が常につきまとっていて、クセになるゲーム感覚を持っています。

 一つの行動、判断によってゲームが一気に動いていきますので、場札、全員の手札を考えていくのがなんとも悩ましく、考えてしまうわけですね。

 負荷は高いですが、プレイ時間自体はとても短めですので何度もチャレンジしていける手軽さもまた持っています。

 蝶々型のチップも雰囲気があってとてもキャッチー。テーブルに広がったカードとフレーバー、そして無言の中でお互いに連携を取る連帯感。それぞれが上手く影響しあっていて印象に強く残るゲームであると思います。

 短い時間でサクッと遊べる手軽さとキャッチーさ。ホラー映画的フレーバーにビビっときたらおすすめの作品だと思いますよ。中々面白いと感じました!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ファイナルデスウィーク
(Final Deathweek)
デザイナーkuro
ManifestDestiny
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30~40分 年齢12歳~
プレイ人数3~4人

似ているボードゲームのレビュー

「インフェルノ」: ★★★★★

デザイン:ライナー・クニツィア
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、チキンレース、パーティーゲーム
プレイヤー:3~7人・8歳~

「じゅげむとショゴス」: ★★★★★

デザイン:翠丸
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、アクション、チーム、同人、バカゲー、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~8人・6歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「俺の鍋」: ★★★★☆

デザイン:88クリエイト
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、アクション、セットコレクション、ファミリーゲーム、同人
プレイヤー:2~4人・8歳~
ゲームマーケット:2016年・秋

「オフィル 神秘の黄金郷」: ★★★★☆

デザイン:Kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、同人
プレイヤー:3~4人・14歳~
ゲームマーケット:2017年・秋

「カタンの開拓者たち」: ★★★★★

デザイン:クラウス・トイパー
どんなゲーム:カード、ボード、ダイス、シンプルなルール、建築、交渉、拡大再生産、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~4人・10歳~
1995年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

同じデザイナーのゲーム

「シネマフロンティア」: ★★★★☆

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、セットコレクション、同人
プレイヤー:3~5人・10歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「スクラッチハウス」: ★★★★☆

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:タイル、パズル、ネットワーク、移動・運搬、建築、箱庭、拡大再生産、同時アクション、ワーカープレイスメント、同人
プレイヤー:3~4人・10歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「新里見八犬伝 -エイトエピックス-」: ★★★☆☆

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、協力、ゲーマーズゲーム、同人
プレイヤー:1~8人・38歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「モテるための12の方法」: ★★★★★

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、セットコレクション、子供でも遊べる、同人
プレイヤー:3~5人・10歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「寿司雀」: ★★★☆☆

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、セットコレクション、パーティーゲーム、同人
プレイヤー:3~5人・10歳~
ゲームマーケット:2015年・出品


人気記事一覧

最新記事一覧