Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

手軽なのに心理&戦略戦をがっつり楽しめるカードゲーム「クー」レビューと感想

      2016/09/01

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。


クー 日本語版クー 日本語版

ニューゲームズオーダー

Amazonで詳細を見る

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前クー
(Coup)
デザイナーリッキー・タッター
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間15分 年齢9歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア7.2/10 (16831票)
BGG重量1.4/5

「クー」ってどういうゲーム?

「クー」の紹介

カードゲーム「クー」は自身の手札にある「とされる」行動を繰り返しながら嘘と事実を巧みに操り他人を蹴落とすブラフ系戦略ゲームとなっています。

ルール概要

プレイヤーはそれぞれ手札として二枚ずつカードを配られます。カードにはそれぞれできるアクションが設定されていて、手番では単純に一コイン受け取るか、そのカードアクションをする事ができます。

本作の最大の特徴として、持っていないカードを「持っている」と嘘をつきアクションをする事が可能となっています。もちろん見破られるとダメージを受けます。

ダメージを受けると手札が一枚減ります。すべての手札がなくなるとゲームから脱落します。

他人の行動が怪しかったらそれを指摘する事ができます。見事、そのカードを持っていなかった場合はそのプレイヤーにダメージを与える事ができます。もし本当にそのカードを持っていた場合は自分がダメージを受けてしまいます。

コインを集めて他人を攻撃したり、カード効果で有利にゲームを進めつつ、最後までゲームに参加し続けられたプレイヤーが勝者となります。

ゲーム感想

シンプルなカードアクションをベースにブラフ要素を加えるだけでこんなに戦略性がますゲームになるとは!! と驚かずにはいられない繰り返し遊べるお手軽ゲームとなっています。

遊び味はブラフ系というよりも人狼などに代表される正体隠匿系ゲームに近いものがありますね。自分の手札と他人の行動を睨みながらその正体を探り嘘を見破る感じです。

カードには様々な効果があり、コインを支払いダメージや、他人からコインを奪うなどなど。そういった行動が本当に合ってるのかどうか。カードが見えないからこそじわじわと高まる緊張感。たまりませんよ。

説明もそこそこに始められる手軽さ、繰り返し楽しめるリプレイ性が本作にはあって脱落要素はありますが短いプレイ時間もあって気になりません。

ブラフ要素も確かな戦略性があってこそ、引き立っていますし運の要素も確保されているあたり絶妙なバランスで成り立っているゲームだなと関心します。文句なく面白いです。

ちょっとゲームゲームしたい作品を遊びたい。でもそんなに難しいのは嫌、という欲張りな欲求を叶えてくれる本作。ゲーム初心者にもおすすめです。

ゲームとゲームの合間としても程よい作品ではないでしょうか。繰り返し遊べるリプレイ性も抜群です。盛り上がりますよ!


クー 日本語版クー 日本語版

ニューゲームズオーダー

Amazonで詳細を見る

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前クー
(Coup)
デザイナーリッキー・タッター
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間15分 年齢9歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア7.2/10 (16831票)
BGG重量1.4/5

似ているボードゲームのレビュー

「タイムストーリーズ:マーシーケース」: ★★★★☆

デザイン:ニコラス・ノーマンドン
どんなゲーム:カード、ボード、ダイス、拡張、シンプルなルール、推理、移動・運搬、RPG、依頼達成
プレイヤー:2~4人・12歳~

「萌札拡張「添え札」」: ★★★★☆

デザイン:テイダ リョウ
どんなゲーム:カード、拡張、シンプルなルール、プレゼンテーション、同人、バカゲー
プレイヤー:3~6人・15歳~
ゲームマーケット:出品

「エルフェンランド」: ★★★★☆

デザイン:アラン・ムーン
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、移動・運搬、ファミリーゲーム、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~6人・10歳~
1998年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「サンクトペテルブルク」: ★★★★☆

デザイン:ベルント・ブランホーファー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション
プレイヤー:2~4人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

「サルコファガス」: ★★★★☆

デザイン:ラルフ・ベイヤースドルファー & マイケル・フェルドコター
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、メビウス頒布会
プレイヤー:3~6人・8歳~


人気記事一覧

最新記事一覧