Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

パンダの寿命はここ・・・・あれ!? 知ってるつもりで実はしらない、動物クイズカードゲーム「カードライン:動物編」レビューと感想

   

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前カードライン:動物編
(Cardline: Animals)
デザイナーフレデリック・ヘンリー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間15分 年齢7歳~
プレイ人数2~8人 BGGスコア6.6/10 (1410票)
BGG重量1.2/5

「カードライン:動物編」ってどういうゲーム?

「カードライン:動物編」の紹介

カードゲーム「カードライン:動物編」は、様々な動物を身長や体重、寿命で並べて、正しい場所にプレイしていく知識量と、推理が楽しいゲームになっています。

ルール概要

プレイヤーたちはカードを裏面で四枚程度受け取ります。カードの裏面には動物の絵が描かれていて、 表面には身長や体重、寿命の情報が記述されています。

ゲームの目的は自分に配られたカードを全てなくすことです。ゲームを始める時、初手番のプレイヤーが今回のゲームのお題を決定します。例えば寿命をお題にしたら、今回のゲームは動物カードを寿命順に正しく並べていくゲームになります。

手番では、既に場に出ているカード列のどこかに、自分のカード一枚を出します。そのカードを表替えし、正しく順番通りに並んでいたら成功。間違っていた場合、そのカードを捨て札にして、山札からカードを1枚ドローしなければなりません。

これを繰り返していき、カードを全てなくせたプレイヤーが勝利します。

ゲーム感想

シンプルながら単純な知識だけではなく、絵や風景から自分なりに推理してカードを出していくのが楽しいゲームになっています。

例えばパンダの寿命は何年だ、とか、鷲が以外と長生きじゃん、とか。フラミンゴの身長って以外と高いんじゃないか!? なんて、おしゃべりしながら盛り上がるゲームになっています。

わからない動物でも、絵をなんとなくヒントにして、当て推量で遊べるため、知識がなくてもゲームに参加できるのが良いですね。全然しらない動物とかについて、こいつどこにいるやつなんだ!? とかって話題で盛り上がります。

お題も毎回変わってくるので、前回こいつはここだったが、体重だと結構下のほうじゃない!? みたいな混乱がおこったり。

クイズゲームとして、参加しやすいタイプのゲームだと思います。カードをなくせば勝ち、というのもシンプルで楽しいです。プレイ人数も結構多くても楽しめ、知識量が多い人はカード枚数を多くするなど、調整もしやすいです。

とても遊びやすいゲームです。おすすめですよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前カードライン:動物編
(Cardline: Animals)
デザイナーフレデリック・ヘンリー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間15分 年齢7歳~
プレイ人数2~8人 BGGスコア6.6/10 (1410票)
BGG重量1.2/5

似ているボードゲームのレビュー

「ワンス・アポン・ア・タイム」: ★★★★☆

デザイン:アンドリュー・リルストーン & リチャード・ランバート & ジェームズ・ワーリス
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、プレゼンテーション、ストーリーテリング、パーティーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・8歳~

「ウボンゴ」: ★★★★☆

デザイン:グルゼゴルツ・レヒトマン
どんなゲーム:タイル、ボード、パズル、リアルタイム、アクション、ソロゲーム、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:1~4人・8歳~

「ごきぶりサラダ」: ★★★★★

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・6歳~
2008年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「エスケープ」: ★★★★☆

デザイン:クリスチャン・アムンゼン・オストビー
どんなゲーム:タイル、ダイス、シンプルなルール、移動・運搬、絵・数合わせ、依頼達成、リアルタイム、協力、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:1~5人・8歳~
2013年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ストーンエイジ・ジュニア」: ★★★★★

デザイン:マルコ・トイブナー
どんなゲーム:タイル、ボード、シンプルなルール、移動・運搬、建築、依頼達成、記憶、すごろく、移動先アクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・5歳~
2016年ドイツ年間ゲーム大賞:子供大賞

同じデザイナーのゲーム

「古代の建築士たち」: ★★★☆☆

デザイン:フレデリック・ヘンリー
どんなゲーム:カード、建築、歴史、拡大再生産、アクションポイント、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~4人・10歳~

「アドベンチャラーズ:チャクの神殿」: ★★★☆☆

デザイン:ギーヨーム・ブロシア & フレデリック・ヘンリー
どんなゲーム:ボード、ダイス、フィギュア、移動・運搬、アクションポイント、バカゲー、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~6人・10歳~


人気記事一覧

最新記事一覧