Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

少し不思議な遊び味のマップネットワーク作成ボードゲーム「郵便馬車」レビューと感想

   

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前郵便馬車
(Thurn and Taxis)
デザイナーアンドレアス・セーファース
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間60分 年齢13歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7.1/10 (16097票)
BGG重量2.3/5

「郵便馬車」ってどういうゲーム?

「郵便馬車」の紹介

ボードゲーム「郵便馬車」は、カードを上手く集めながらマップに郵便局を配置していき、最も勝利点を獲得することを競うゲームです。

ルール概要

マップには道と街が描かれています。街は地域ごとに色分けされています。

手番では、その街の名前が描かれたカードを1枚場から獲得し、手札の1枚をプレイします。

一度プレイし始めたら、諦めて流すか、3枚以上になるまで、以前にプレイしたカードの街と、一筆書きでつながるようにカードをプレイしていく必要があります。

3枚以上になった時点で、カードの繋がりの達成を宣言でき、その場所に郵便局を配置することができます。配置の仕方によって、配置できる場所が若干変わってきます。

基本的にこれを繰り返し、マップに郵便局を配置していき、どこにどう配置しているのかで得点、何枚のカードセットを作ったかで得点といった、バリエーションがある点数条件によって勝利点を獲得していきます。

また、手番では2枚ドロー、2枚プレイといった特殊なアクションを4つから1つを選択でき、それらを上手く組み合わせ、効率よくマップに郵便局を配置していく必要があるのです。

最終的に、最も勝利点を獲得したプレイヤーが勝利します。

ゲーム感想

非常に特殊なタイプのネットワーク構築ゲームとなっています。基本的には場からカードを取ってプレイしていくだけ。しかしそのカードも上手く獲得していく必要がある。

なんっていうか、これまでにない、って感じのゲームなんですよね。カードをマップの路線に合わせて獲得して配置していくのは良いのですが、例えば2色の地域にまたじゃ行ったりすると、いずれか1色のカードの街にだけ郵便局を置くか、2色のカードの街1つずつに郵便局を置くの選択を迫られる。

点数条件のためには運もありますが、相当に入念な計画が必要でしょう。

運の要素も大きいながら、特殊アクションによってどうにかなったりして、それがまた緊張感のあるゲームを生み出しているのかなって感じました。

基本的にシンプルなのですが、考えることは本当に多い。これもやりたい、あれもやりたい、といったそんな感じで、けれども時間は足りない、どうするか。みたいな悩ましい展開になります。

様々な点数条件がありますので、どれかに特化するのも楽しいですし、色々手を出してみるのもあり。そういう自由さを感じました。全体的な雰囲気も良いですし、さくっと遊べつつも、じっくり楽しんだ! っていう、そんな達成感があるゲームでした。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前郵便馬車
(Thurn and Taxis)
デザイナーアンドレアス・セーファース
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間60分 年齢13歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7.1/10 (16097票)
BGG重量2.3/5

似ているボードゲームのレビュー

「パンデミック:レガシー シーズン1」: ★★★★★

デザイン:ロブ・ダビオー & マット・リーコック
どんなゲーム:カード、ボード、移動・運搬、依頼達成、アクションポイント、協力、ファミリーゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・13歳~
2015年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート部門ノミネート

「スノウブラインド」: ★★★★☆

デザイン:
どんなゲーム:ファミリーゲーム、ボードゲーム、チキンレース
プレイヤー:1~4人・10歳~

「ルクソール」: ★★★★☆

デザイン:リュディガー・ドーン
どんなゲーム:ファミリーゲーム、セットコレクション、すごろく、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・8歳~

「パンデミックレガシー:シーズン2」: ★★★★★

デザイン:ロブ・ダビオー & マット・リーコック
どんなゲーム:ファミリーゲーム、ボードゲーム、アクションポイント、協力、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・14歳~

「ポーション・エクスプロージョン」: ★★★★☆

デザイン:ステファーノ・キャステリ & アンドレア・クレスピ & ロレンゾ・シルヴァ
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、パズル、ファンタジー、セットコレクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・8歳~

同じデザイナーのゲーム

「サンファン」: ★★★★☆

デザイン:アンドレアス・セーファース
どんなゲーム:カード、タイル、シンプルなルール、建築、拡大再生産
プレイヤー:2~4人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「プエルトリコ」: ★★★★★

デザイン:アンドレアス・セーファース
どんなゲーム:タイル、ボード、タイル配置、移動・運搬、交易・売買、建築、箱庭、拡大再生産、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~5人・12歳~


人気記事一覧

最新記事一覧