Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

同時タイル配置のチャレンジとマネジメントが楽しいボードゲーム「テイクイットイージー」レビューと感想と和訳ルール

      2016/11/08

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前テイク・イット・イージー!
(Take it Easy!)
デザイナーピーター・バーリー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20分 年齢10歳~
プレイ人数1~8人 BGGスコア6.6/10 (1883票)
BGG重量1.5/5 1994年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

「テイク・イット・イージー!」ってどういうゲーム?

「テイク・イット・イージー!」の紹介

ボードゲーム「テイクイットイージー」は親のめくったタイルを全員同時に配置して最終的に完成する組み合わせで勝利点を競うチャレンジと計画が楽しいパーティーボードゲームです。

ゲーム概要

六角形のタイルには縦と斜めの線と数字がそれぞれ書かれています。

親が裏返しになっているタイル群から任意のものをめくり、その内容を宣言します。他のプレイヤーはそれとまったく同じタイルを探しだし、ボードに配置します。配置するタイルは正方向(自分から見て正しい向きで数字が読める)にする必要があります。それ以外ではタイル同士が重ならない限り自由に配置することができます。

これを繰り返していきます。つまり、配置していくタイルの内容は全員まったく同じで、場所だけがそれぞれ異なっていくようになります。

最終的に、ボード上を途切れずに引かれたそぞれのラインの数字と置かれたタイルの数を掛け足した点数が自分の点数となり、一番多く点数を獲得したプレイヤーが勝利となります。つまり、3のタイルが端から端まで5個のタイルでつながった場合3☓5で15点。他のラインについても同様に計算します。

ゲーム感想

超お手軽で子供でも「とりあえず綺麗に線が引かれればOKなんだな」でゲームができちゃいながら盛り上がるパーティーゲームです。

同じセットがいくつもあれば何人でも遊ぶ事ができますし、手番などもないのでプレイ時間がわかりやすくまたリプレイ性が高いのも大きな魅力ですね。

まっさらなボード上にどんどんタイルが配置されていき、最初はいい感じにタイルが置かれていても、だんだんと置く場所がなくなってきて困ってきてしまいます。リスク計算とちょっとしたチャレンジ感。嫌いじゃありません。めくられるタイルに一喜一憂し、残ったタイルの組み合わせにうんうん悩むのはとても楽しいです。

ボードゲームの中では昔から楽しまれている定番中の定番ゲーム。運の要素も強いですが、ファミリーゲームはこれくらいがちょうどいいですね。

とはいえしっかりとリスクを計算し、確率を考えながら堅実に点数を獲得する事もでき、ゲーマーにも満足度は高いです。一ゲーム10分から20分程度とさくっと楽しめますので繰り返して遊べるのも大きな魅力。

タイルを収めていくパズル感、自分で自由に考えていいという楽しさ。色々な人と遊ぶ方は持っていてもいいかなと思います。人数に左右されずに安定した楽しさを誇るゲームです。子どもと良く遊ぶ、短いプレイ時間でシンプルなゲームを探している、頭を使っても使わなくても安定して楽しめる、そんなゲームを探している方には特にオススメです。面白いですよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前テイク・イット・イージー!
(Take it Easy!)
デザイナーピーター・バーリー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20分 年齢10歳~
プレイ人数1~8人 BGGスコア6.6/10 (1883票)
BGG重量1.5/5 1994年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

似ているボードゲームのレビュー

「金星の商人」: ★★★★☆

デザイン:リチャード・ハンベルン & ロバート・A・コウバ
どんなゲーム:ボード、ダイス、移動・運搬、交易・売買、すごろく、ファミリーゲーム
プレイヤー:1~4人・14歳~

「ごきぶりサラダ」: ★★★★★

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・6歳~
2008年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ラミィキューブ」: ★★★★★

デザイン:エフライム・ヘルツァノ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、パズル、絵・数合わせ、セットコレクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~4人・8歳~
1980年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「曖昧フェイバリットシングス」: ★★★★☆

デザイン:ニルギリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、数字比べ、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:出品

「スカイアイランド」: ★★★★☆

デザイン:アンドレアス・ペリカン & アレクサンダー・フィスター
どんなゲーム:タイル、タイル配置、ファミリーゲーム、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~5人・8歳~
2016年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞


人気記事一覧

最新記事一覧