Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

脳ミソ焼き切れる思考パズルボードゲーム「ハイパーロボット」レビューと感想

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ハイパーロボット
(Ricochet Robots)
デザイナーアレックス・ランドルフ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★★☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数1~15人 BGGスコア7/10 (5476票)

「ハイパーロボット」ってどういうゲーム?

「ハイパーロボット」の紹介

ボードゲーム「ハイパーロボット」は、どこまでも直進するおバカロボットを目的地まで動かすシンプルながら奥深い思考パズルパーティーゲームとなっています。

ボードゲーマーなら誰もが一度はあそんだ事があると思われる「ハイパーロボット」、プレイ人数15人まで遊べるという参加人数の多さが大きな魅力です。

ルールも凄く簡単で、ロボット達を少ない回数で目的地まで移動させればOKというもの。しかしこのロボットたち、とってもおバカなので、一度進み始めるとどこまでも直進してしまうのです。

例えば「赤を△まで動かせ」という目標になったら、赤いロボットは勿論、その他の色のロボットも動かして目的地まで連れて行く必要があります。この時、絶対にボードのロボットを直接触っては駄目。頭の中で動かして、何手でいけたかを宣言して中央にある砂時計をひっくり返します。砂時計が落ちるまでに他の人が答えを導き出せなかったらその人に回答権が与えられて、実際にロボットを動かして答えを見せます。

それ以下の手数でいける答えを導き出した人がいたら回答権はその人へ。という感じで本当に何人でも遊べるゲームになっています。

この手の思考パズルゲームはありがちっちゃありがちではありますが、だからこそ誰にでも遊べる汎用性がありますね。経験値がものを言うゲームでもあり、だからこそ繰り返し遊びたくなります。

ルールは本当にこれだけなので、慣れてきたら色々なルールを追加したりして遊べるのもこういったボードゲームの魅力ですよね。

本作ではいくつもボードが入っており、組み合わせ方により1500通り以上のマップで遊べるようになっているらしく、まさしく無限に遊べます。

コンポーネントのロボットもかわいらしく、ついつい触ってみたくなる感じもグット。

必死に頭の中で手数を数えてると誰かが「6!!」とか宣言して、皆でえー!? というこの感じ。好きです。パズル系という事で苦手な方も多いですが、盛り上がる定番作品には違いありません。プレイ時間も短めですし、いつでも切り上げられるのでゲーム会のメンバーが集まるまでのちょっとした隙間時間や、締めのゲームとしても良いでしょう。

セットアップが短い時間で済んでインストもさくっと出来ちゃうというのもボードゲーマーには堪らないポイントでしょう。

頭を使うゲームですし子供と遊ぶのにも適しています。出来た時の快感がたまらないのでクセになる楽しさがありますよ!

簡単なルールでプレイ人数が多いゲームを探している方、思考系ゲームを探している方には特にオススメ。定番系ゲーム好きにも勿論おすすめです。好き嫌いはあると思いますが、遊んで見ると皆熱中すること間違いなしの名作です。面白いですよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ハイパーロボット
(Ricochet Robots)
デザイナーアレックス・ランドルフ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★★☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数1~15人 BGGスコア7/10 (5476票)

似ているボードゲームのレビュー

「くるりんパニック」: ★★★★☆

デザイン:マサルアオキ & キャロル・ワイズリー
どんなゲーム:シンプルなルール、アクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・4歳~
1994年ドイツ年間ゲーム大賞:子供大賞

「カタンの開拓者たち」: ★★★★★

デザイン:クラウス・トイパー
どんなゲーム:カード、ボード、ダイス、シンプルなルール、建築、交渉、拡大再生産、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~4人・10歳~
1995年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「シュレディンガー勇者」: ★★★★☆

デザイン:ゆお & こっち屋
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、ファンタジー、心理戦・ブラフ、陣営分け、正体隠匿、バカゲー、パーティーゲーム、同人
プレイヤー:3~7人・8歳~
ゲームマーケット:出品

「タイムストーリーズ:マーシーケース」: ★★★★☆

デザイン:ニコラス・ノーマンドン
どんなゲーム:カード、ボード、ダイス、拡張、シンプルなルール、推理、移動・運搬、RPG、依頼達成
プレイヤー:2~4人・12歳~

「オニタマ」: ★★★★☆

デザイン:佐藤慎平
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、同人、アブストラクト
プレイヤー:2~2人・8歳~
ゲームマーケット:出品

同じデザイナーのゲーム

「チャオチャオ」: ★★★☆☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、すごろく、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・10歳~

「ウミガメの島」: ★★★☆☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、直接攻撃、チキンレース、すごろく、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~6人・6歳~
1990年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ハゲタカのえじき」: ★★★★☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、同時アクション、バッティング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・8歳~
1988年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ツィクスト」: ★★★★☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、陣取り、二人対戦、アブストラクト
プレイヤー:2~4人・12歳~


人気記事一覧

最新記事一覧