Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

Warning: A non-numeric value encountered in /home/aori/bged.info/public_html/wp-content/themes/bord_game/functions.php on line 68

Warning: A non-numeric value encountered in /home/aori/bged.info/public_html/wp-content/themes/bord_game/functions.php on line 68

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

おはじきアクションファミリーボードゲーム「アイスクール」レビューと感想

   

NEWS : ボードゲームを横断検索して探せるツール「ボードゲーム通販横断検索するやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前アイスクール
(Ice Cool)
デザイナーブライン・ゴメズ
おすすめ度★★★★★ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20~0分 年齢6歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7/10 (1534票)
BGG重量1/5

「アイスクール」ってどういうゲーム?

「アイスクール」の紹介

ボードゲーム「アイスクール」はペンギンたちの学校で繰り広げられる飛んだりはねたり楽しい、意外とテクニックが必要なおはじきアクションゲームとなっています。

ルール概要

プレイヤーの1人が親となり、他のプレイヤーを追いかける事になります。親プレイヤー以外は、親から逃げつつ、いくつかの出入り口に付いている魚を獲得していくのが目的となります。

手番では自分が担当する色のペンギン駒を指で弾きます。

親プレイヤーは他のプレイヤーのペンギンに全てタッチして生徒手帳を取り上げること。

それ以外は指定された出入り口を通り全ての魚をゲットしていくこと。

いずれかのプレイヤーが目標を達成したらラウンドが終了します。

魚を取るごとに、または生徒手帳を持ってればラウンド終了時に点数カードをもらえます。これを繰り返し、最終的に最も点数の高いプレイヤーの勝利となります。

ゲーム感想

シンプルでわかりやすく、ルール説明も本当に五分程度でおわっちゃいながら、ペンギンたちのトリッキーな動きがかわいらしくも楽しい、盛り上がるゲームとなっています。

慣れてくるとこれが以外とテクニカルで、ビリヤードのような趣すら出て来るので不思議ですね。

1つの箱から沢山の箱が出てきて組み上がっていくのは見てるだけで楽しいですし、広いフィールドでペンギンたちが追いかけっこするのは見ているだけでわかりやすく、すぐに楽しめます。

本作、実はちょっとしたコツがあって、上では「はじく」と説明しましたが、指で押し出すようなイメージで指を動かすとペンギンがきれいにコントロールやすく動いてくれます。

もっと具体的にいうと、ボードに人差し指を立て、ペンギンにピッタリとくっつけた状態で、指を根本の関節だけで押し出す。この時ペンギン駒の右、左に位置をずらし、摩擦力をしっかりと働くようにイメージすると駒が回転してきれいなカーブを動いてくれます。

車のドラフトなんかと同じで、ボードとペンギン駒の摩擦が噛み合ってないときはまっすぐ進みますが、ある程度回転力が落ちてきたところで噛み合い、回転し始める、なんてこともできます。

他にもジャンプや逆回転、さらにいうとストレート自体にもどう傾けるかで色々と考えどころがあり、ハマればハマるほど色々試したくなってきます。

もちろん、そんな事考えても説明不要で楽しいゲームです。可愛らしく、盛り上がる。けれども奥深く趣のある、そんな本作は文句なくお勧め。面白いですよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前アイスクール
(Ice Cool)
デザイナーブライン・ゴメズ
おすすめ度★★★★★ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20~0分 年齢6歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7/10 (1534票)
BGG重量1/5

似ているボードゲームのレビュー

「サルコファガス」: ★★★★☆

デザイン:ラルフ・ベイヤースドルファー & マイケル・フェルドコター
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、メビウス頒布会
プレイヤー:3~6人・8歳~

「ダイスロードレース」: ★★★★☆

デザイン:fullkawa
どんなゲーム:ボード、ダイス、シンプルなルール、スポーツ、チキンレース、すごろく、ファミリーゲーム、同人
プレイヤー:2~4人・8歳~
ゲームマーケット:2016年・秋

「ダンジョンクエスト クラシック」: ★★★★☆

デザイン:ヤコプ・ボンズ
どんなゲーム:カード、タイル、ボード、ダイス、フィギュア、タイル配置、移動・運搬、ファンタジー、RPG、バカゲー、ファミリーゲーム
プレイヤー:1~4人・14歳~

「バウザック」: ★★★★★

デザイン:クラウス・ツォッホ
どんなゲーム:ブロック、バランス、アクション、バカゲー、パーティーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:1~10人・8歳~
1988年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「スピードカップス」: ★★★★☆

デザイン:ハイム・シャフィー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、アクション、認知、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・6歳~
2014年ドイツ年間ゲーム大賞:子供部門推奨リスト入り


人気記事一覧

最新記事一覧