Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

むむ、新しいアクションが出てきた!? ボードゲーム「フルーツジュース」レビューと感想

   

NEWS : ボードゲームを横断検索して探せるツール「ボードゲーム通販横断検索するやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前フルーツジュース
(Fabled Fruit)
デザイナーフリードマン・フリーゼ
おすすめ度★★★★★ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20~30分 年齢8歳~
プレイ人数2~5人 BGGスコア7.2/10 (3258票)
BGG重量1.6/5

「フルーツジュース」ってどういうゲーム?

「フルーツジュース」の紹介

ボードゲーム「フルーツジュース」は、新たなアクションが出てくることによってゲーム性自体が変わっていく不思議なゲームとなっています。

ルール概要

プレイヤーの目的はフルーツジュースを指定セット作ることです。

プレイヤーは手番で自身のコマをアクション1つに配置します。その後、そのままアクションを実行するか、そこで指定されたフルーツカードを支払ってフルーツジュースを作るか選択します。

アクションはカードに記述されている処理を行います。基本的には何らかの方法でフルーツカードを獲得できます。それによって集めたフルーツカードで、フルーツジュースを作ります。この時、アクションカード自体を獲得し、手元に持ってきます。これにより、場のアクションカードが減っていき、新たなアクションカードが出されます。

これを繰り返すことによって、ゲームの進行に合わせて、新たなアクションカードが出てきて、要素が増え、要求されるフルーツカードが変化していきます。

状況に合わせて戦略を変え、リソースをコントロールしていく楽しさが本作の大きな魅力となっています。

ゲーム感想

最初はシンプルな単純なお買い物ゲームといったところ。しかし、ラウンドが進むに連れて、だんだんと新たな要素、需要の変化が生まれ、戦略自体の変更を余儀なくされます。

さっきまでイチゴがとても重要なフルーツだと思ってたら、今度はパインが、次はバナナが、といったように、アクションやジュースを作るのに要求されるフルーツに変化が出てくるのはもちろん。アクション自体がどんどん変化していくので、展開が変化していく新鮮さも味わえます。

また、特徴的なのは、一度遊んだら、ゲームセットをそのままにして次に持ち越せるという点。一度使用したアクションカードは次のゲームでは使わず、遊べば遊ぶほど、新たなアクションが出てくる!

思いついてもなかなかできはしないシステムです。

もちろん完全にリセットして遊ぶこともできるんですが、巨大なアクションカードの山札を見つつ、次は何が出るんだろう、ドキドキ、なんて楽しみが本作にはあります。

可愛らしいコンポーネントの中に、予想不可能な驚きと、なにより先を読む戦略性、ゲームとしての完成度など、侮りがたいゲームだと言えます。

だんだんとその楽しさにハマっていく、そんなプレイ感を味わえますよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前フルーツジュース
(Fabled Fruit)
デザイナーフリードマン・フリーゼ
おすすめ度★★★★★ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20~30分 年齢8歳~
プレイ人数2~5人 BGGスコア7.2/10 (3258票)
BGG重量1.6/5

似ているボードゲームのレビュー

「通路」: ★★★★☆

デザイン:
どんなゲーム:バカゲー、ファミリーゲーム、ボードゲーム
プレイヤー:2~8人・8歳~

「パニックマンション」: ★★★★★

デザイン:
どんなゲーム:ファミリーゲーム、アクションゲーム、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・6歳~

「アブルクセン」: ★★★★☆

デザイン:ミヒャエル・キースリング & ヴォルフガング・クラマー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、直接攻撃、絵・数合わせ、セットコレクション、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、メビウス頒布会
プレイヤー:2~5人・10歳~

「ラミィキューブ」: ★★★★★

デザイン:エフライム・ヘルツァノ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、パズル、絵・数合わせ、セットコレクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~4人・8歳~
1980年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「万猫の豊明かり」: ★★★★☆

デザイン:福夕郎 & 梟老堂
どんなゲーム:カード、バースト、バッティング、ファミリーゲーム、かわいいコンポーネント、同人
プレイヤー:3~4人・7歳~
ゲームマーケット:2016年・出品

同じデザイナーのゲーム

「五本のきゅうり」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~6人・8歳~

「電力会社」: ★★★☆☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:ボード、陣取り、ネットワーク、建築、拡大再生産
プレイヤー:2~6人・12歳~
2005年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「テラ~私たちの地球」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、クイズ・知識、推理、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・10歳~

「山頂をめざせ」: ★★☆☆☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、移動・運搬、絵・数合わせ、依頼達成、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~4人・8歳~

「フッチカート」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:3~8人・7歳~


人気記事一覧

最新記事一覧