Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

ダンジョンを運営しよう! カードゲーム「ボスモンスター」レビューと感想

   

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ボスモンスター
(Boss Monster: The Dungeon Building Card Game)
デザイナー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★★★☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20分 年齢13歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア6.3/10 (9836票)
BGG重量1.8/5

「ボスモンスター」ってどういうゲーム?

「ボスモンスター」の紹介

ボードゲーム「ボスモンスター」は、それぞれのプレイヤーがダンジョンのボスを担当し、ダンジョンをより魅力的にして勇者を誘い込み、罠にはめてソウルを集めていくゲームです。

ルール概要

プレイヤーたちはそれぞれ、ダンジョンのボスとなります。カードにはルームカードとスペルカードがあり、これをターンで配置したり使用していくことにより、ダンジョンを構築していくことになります。

ルームカードには罠としてヒーローたちに与えるダメージと、そのダンジョンの魅力を表すトレジャー値を持っています。ヒーローたちは魅力的に感じるトレジャーの種類があって、聖職者だと十字架だし、戦士だと剣のアイコン、といった具合。

それぞれのプレイヤーがダンジョンに配置するルームカードを選んだら、一斉に公開。これによってそれぞれのダンジョンの魅力が変化し、ヒーローたちが好みのダンジョンへと誘導されます。

やってきたヒーローたちは各自が処理。スペルや、ルームカード自体の効果を使用してヒーローたちを倒します。倒したヒーローはボスのソウルとして勝利点になります。けれども、魅力的にすることに集中しているとダメージを稼げずに、ヒーローがダンジョンの奥まで到達してしまい、ボスを攻撃してしまいます。

いかに傷つかず、ヒーローたちを処理していくのか。最初にソウルを10個集めたプレイヤーが勝利します。

ゲーム感想

擬似的な同時進行と競り、そしてアメゲーチックなカードコンボが好きなら本作はお勧めです。

ファンタジーフレーバーでダンジョン構築という言葉にピンときたら、抜群に楽しめると思います。配置していくルームカードで、隣り合ったカードや全体の構成によっても変化する効果を考えるのがたまらないのです。カード自体はテキストがある程度TCGチックな見た目をしているんですが、基本的には場に配置していき、それが効果を発動していくのであまりダウンタイムは発生しません。

また、ダンジョンの構成によってヒーローたちがやってくるので、うまくマネジメントしていく必要があります。ダンジョンにカードを配置してそれによってヒーローがやってくるという、ワンテンポ間に挟んだちょっと特殊な競りルールを持っていますので、相手の動きを予想することも大事になってきます。

総じてゲーマーズゲームではあるんですが、どこかゆるい雰囲気があり、ほのぼの繰り返し遊べるようにデザインされています。

ルール的にも非常にシンプル。ヒーローたちは特殊な能力を持っていませんから、見るのはそのライフと、あとは自身のダンジョンだけです。

カード効果をどのタイミングで発動するのか、判断つかないところがあったりするなど、荒い部分は多いのですが、うん、楽しいです。

ダンジョンはカードを重ねることでアップグレードやルームの変更を行っていき、より強力に、強固にしていくといった要素もありますよ!

タワーディフェンスとか、電源ゲームだとダンジョンキーパーとか影牢とか好きならマストバイです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ボスモンスター
(Boss Monster: The Dungeon Building Card Game)
デザイナー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★★★☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20分 年齢13歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア6.3/10 (9836票)
BGG重量1.8/5

似ているボードゲームのレビュー

「ルーンバウンド第3版」: ★★★★☆

デザイン:ルーカス・リッツシンガー
どんなゲーム:カード、ボード、フィギュア、移動・運搬、ファンタジー、RPG、アクションポイント、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~4人・14歳~

「アンドールの伝説」: ★★★★☆

デザイン:ミヒャエル・メンツェル
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、移動・運搬、ファンタジー、RPG、協力、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・14歳~
2013年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「勇者アーキテクト」: ★★★★★

デザイン:翠丸
どんなゲーム:カード、ファンタジー、RPG、拡大再生産、協力、同人
プレイヤー:2~4人・12歳~
ゲームマーケット:2016年・神戸

「テスタメント」: ★★★★★

デザイン:Kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:ゲーマーズゲーム、ボードゲーム、ファンタジー、RPG、成長、協力、同人
プレイヤー:1~4人・14歳~
ゲームマーケット:2017年・出品

「ディセント」: ★★★★☆

デザイン:ダニエル・クラーク & コーリー・クニーチカ & アダム・サドラー & ケビン・ウィルソン
どんなゲーム:ボード、ダイス、フィギュア、移動・運搬、ファンタジー、RPG、ファミリーゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~5人・14歳~

同じデザイナーのゲーム

「ボスモンスター:ライズオブミニボス」: ★★★★☆

デザイン:
どんなゲーム:カードゲーム、ファンタジー
プレイヤー:2~4人・13歳~


人気記事一覧

最新記事一覧