Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

自分だけの宮殿を作る! 箱庭、建築系好きはハマるかも「アルハンブラ」レビューと感想と和訳ルール

      2016/07/27

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前アルハンブラ
(Alhambra)
デザイナーディルク・ヘン
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45 − 60分 年齢8歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア7.05/10 (18267票)
2003年
ドイツ年間ゲーム大賞
大賞

各ボードゲーム賞

  • 2003年ドイツゲーム大賞ベストファミリー/アダルトゲーム部門二位
  • 2003年エッセンフェダーベストライトルール大賞
  • 2003年国際ゲーマーズ賞一般ストラテジー部門ノミネート
  • 2003年ドイツ年間ボードゲーム大賞ノミネート
  • 2003年ドイツ年間ボードゲーム大賞
  • 2004年チェコ年間ゲーム大賞ノミネート
  • 2005年ノルウェー年間ゲーム大賞ベストファミリーゲーム部門ノミネート
  • 2005年ノルウェー年間ゲーム大賞ベストファミリーゲーム部門大賞
  • 2005年チェコ年間ゲーム大賞ノミネート
  • 2005年スペイン年間ゲーム大賞ファイナリスト
  • 2005年オランダ年間ゲーム賞ノミネート
  • 2005年フィンランド年間ゲーム大賞アダルトゲーム部門ノミネート
  • 2005年フィンランド年間ゲーム大賞アダルトゲーム部門大賞

「アルハンブラ」ってどういうゲーム?

「アルハンブラ」の紹介

ボードゲーム「アルハンブラ」は、それぞれのプレイヤーが四種類あるお金をやりくりして建物を建築していき宮殿の出来を競うゲームです。

デジタルゲームでよくある見下ろした感じのイラストがとてもかわいらしいのが特徴的ですね。手番で出来るのは基本的にお金を入手するか、建物を購入するかのみ。あとは購入したタイルを使わずにキープする事ができます。置くときに細々とルールがあったりするわけですが、割合します。

それぞれのプレイヤーがカルカソンヌをするというようなイメージのゲームですね。雰囲気は抜群に良いといっても良いと思います。建物は青、赤、白など六種類に分かれていて、それを沢山立てれば立てるほど、3回ある集計フェイズでの得点を貰えます。全種類で一位を狙うか、2~3個くらいで一位を狙っていくのか戦略を考えるのは楽しいところ。また、立てていくと壁も出来てて、この長さによっても点数になるので大切な要素になります。

建物はお金で買うわけですが、この金が四種類あり、さらには互換性が無いため別々で集める必要があります。当時のお国事情なんかも見えるようでなんともニヤニヤしちゃいますね。

それぞれの種類の金で建物を購入していくため、山札から出されたカードを軽く覚えておくことも重要になってきます。ゲームはタイルか山札がなくなると終了という感じです。分かりやすいですね。

ドイツのゲーム賞をとっただけあって、シンプルでまとまりつつも運の要素もほどほど、わかりやすく建物がどんどん広がっていく感じは好きです。それぞれの種類の建物によって点数が加算されていくのもいいですし、お金の種類があってそれぞれ互換性がないというのもなんとも新鮮です。

ゲーム全体の雰囲気も抜群で中々に遊んでいて印象に残るゲームかと思います。

ただ、ソロゲー感が強い上に、どの貨幣でどのタイルが買えるのかというのは相当に運要素が強いと感じます。手番で行う事でお金を取るか、タイルを購入するかという選択式のため、お金を集めるとタイルは購入できませんし、逆だと欲しいタイルのお金は持ってないと言う事もあるわけで。

購入したタイルは自分にしか関係ありませんから絡むのはどれをどう購入していくのか、どのお金を引いていくのかという部分のみ。どのお金が出てくるのか。どのタイルがどのお金で購入できるのかという運が絡む要素が二重に存在するので戦略をたてようにもどうしようもないという感じですね。ゲーム自体が手元の建物を広げていく、どの色をどう配置していくのかという戦略的な分すこしちぐはぐさを感じてしまいました。

結果として手なり感が強く、あまり考えてもしょうがないやという感じになりそうです。のわりにはどうタイルを配置していくのかというのがパズル要素が強くて、考えるダウンタイムが気になるのですよね。

それだと全員に影響していくカルカソンヌがやはりいいなーと感じてしまうのは私だけでしょうか。

とはいえ子供やカジュアルにゲームを遊ぶ人には楽しく遊べるシンプルなゲームだと思います。何も考えずサクサクっと遊ぶ分には良いゲームかと思います。

建物建築、パズル、タイル配置、箱庭感、抜群の雰囲気。これらの要素にピンと来たらオススメかと思います。シンプルでよくまとまっているゲームです。

ボードゲーム「アルハンブラ」和訳ルールへのリンク

和訳ルール、プレイエイド

※私が翻訳した物意外にも、遊んだもの、今後遊ぶであろう物のルールへのリンクをインデックスしています。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前アルハンブラ
(Alhambra)
デザイナーディルク・ヘン
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45 − 60分 年齢8歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア7.05/10 (18267票)
2003年
ドイツ年間ゲーム大賞
大賞

似ているボードゲームのレビュー

「カカオ」 : ★★★★☆

デザイン:フィル・ウォルカーハーディング
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、タイル配置、エリアマジョリティ、建築、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・8歳~
2015年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「カルカソンヌ:スターウォーズ」 : ★★★★☆

デザイン:クラウス=ユルガン・レード
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、タイル配置、陣取り、建築、SF、チーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・7歳~

「カルカソンヌ」 : ★★★★★

デザイン:クラウス=ユルガン・レード
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、陣取り、エリアマジョリティ、建築、箱庭、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・8歳~
2001年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「ウボンゴ」 : ★★★★☆

デザイン:グルゼゴルツ・レヒトマン
どんなゲーム:タイル、ボード、パズル、リアルタイム、アクション、ソロゲーム、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:1~4人・8歳~

「ファクトリー・ファン」 : ★★★★☆

デザイン:コルネ・ファン・モーセル
どんなゲーム:タイル、ボード、シンプルなルール、パズル、タイル配置、ネットワーク、箱庭、同時アクション、ソロゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・10歳~

19個の似ているゲームを全て見る

デザイナー「ディルク・ヘン」の他のゲーム

「スペキュレーション」 : ★★★★☆

デザイン:ディルク・ヘン
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、同時アクション、バッティング、すごろく、パーティーゲーム
プレイヤー:3~6人・10歳~

「ローゼンケーニッヒ」 : ★★★★☆

デザイン:ディルク・ヘン
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、陣取り、移動・運搬、直接攻撃、二人対戦
プレイヤー:2~2人・10歳~

「将軍」 : ★★★★☆

デザイン:ディルク・ヘン
どんなゲーム:ボード、移動・運搬、歴史、プロット、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~5人・12歳~


 - レビュー