Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

シンプルなセットコレクションとドラフト、間違った日本とかわいいイラストがぐっとくる「スシゴー」レビュー

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前スシゴー
(Sushi Go!)
デザイナーフィル・ウォルカーハーディング
おすすめ度★★☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間15分 年齢8歳~
プレイ人数2~5人 BGGスコア7.16/10 (8362票)

「スシゴー」ってどういうゲーム?

「スシゴー」の紹介

「スシゴー」は回転寿司で流れるお寿司屋さんで、沢山美味しいものを食べるカードゲーム。

出てくるカードはお箸、巻き寿司、お寿司やプリンなど、回転寿司なら定番なものから、餃子、刺身など首を傾げたくなるものまで様々。まあ外国の人から見るとそういう物なのでしょう。カリフォルニアロールが無いだけ良いのかなとか思っちゃう。

ルールはとっても簡単で、手札からカードを一枚出したら、手札を次の人に渡す。普通のドラフトとセットコレクションのシンプルなゲームです。回転寿司だからドラフト。わかりやすい。嫌いじゃ無いぜ、こういうの。

カードのイラストが一つ一つとってもかわいくって、遊んでいて楽しくなるゲームですね。

ドラフトでセットコレクションという事で、戦略要素はほぼなく手なりになりがちな所があります。また、プリンがとても大事なカードになっていて、これが少ないとゲーム終了時にマイナス点になってしまいます。手札にプリンがきたらとりあえず確保、という感じになりがち。逆に言えば、プリンが手札に来なければどうにもならないという事でもあります。そこはちょっと運の要素が強すぎないかな・・・という感じはします。マイナス点になるわけだし。

刺身は三枚集めると得点、餃子は集める毎に点数が上がっていく、などなど。遊んでいて嬉しくなる要素もありつつ、けれども集めている役がわかるので邪魔するのは簡単と。そういう感じのバランスです。

それぞれのプレイヤーの前に寿司がどんどん並んでいくのはなんとも良い光景です。こういうのもたまにはいいですよね。

ゲームシステムとして特に驚く部分はありませんが、そのカワイイイラスト、コンセプトとの合致という意味では中々良いのではないでしょうか。ほんわか楽しくなれるゲームです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前スシゴー
(Sushi Go!)
デザイナーフィル・ウォルカーハーディング
おすすめ度★★☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間15分 年齢8歳~
プレイ人数2~5人 BGGスコア7.16/10 (8362票)

似ているボードゲームのレビュー

「さんマニア」: ★★★★☆

デザイン:ジャネット・ナイゼル
どんなゲーム:カード、パズル、ソロゲーム、ファミリーゲーム、メビウス頒布会
プレイヤー:1~4人・8歳~

「チケット・トゥ・ライド:アメリカ」: ★★★★☆

デザイン:アラン・ムーン
どんなゲーム:カード、ボード、フィギュア、シンプルなルール、陣取り、ネットワーク、依頼達成、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・8歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「タイムストーリーズ」: ★★★★★

デザイン:ペギー・チャセネット & マヌエル・ロゾーイ
どんなゲーム:カード、ボード、コミュニケーション、推理、移動・運搬、数字比べ、同時アクション、協力、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~4人・12歳~

「ウボンゴ」: ★★★★☆

デザイン:グルゼゴルツ・レヒトマン
どんなゲーム:タイル、ボード、パズル、リアルタイム、アクション、ソロゲーム、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:1~4人・8歳~

「世界の七不思議」: ★★★★☆

デザイン:アントワーヌ・ボウザ
どんなゲーム:カード、ボード、建築、同時アクション、セットコレクション、ドラフト、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~7人・10歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

同じデザイナーのゲーム

「カカオ」: ★★★★☆

デザイン:フィル・ウォルカーハーディング
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、タイル配置、エリアマジョリティ、建築、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・8歳~
2015年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「イムホテップ」: ★★★★☆

デザイン:フィル・ウォルカーハーディング
どんなゲーム:カード、ブロック、エリアマジョリティ、移動・運搬、建築、ゲーマーズゲーム、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・10歳~
2016年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート


人気記事一覧

最新記事一覧