Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

ビッティングとカウンティングのトリックテイキングカードゲーム「ハイテンション利休」レビューと感想

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ハイテンション利休 デザイナー蜂須賀敏浩
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数3~6人

「ハイテンション利休」ってどういうゲーム?

  • ゲームマーケット出品

「ハイテンション利休」の紹介

カードゲーム「ハイテンション利休」は、様々な茶器を利休に渡して利休のテンションを上げ、その利休のテンションに釣り合うように報酬を調整するという、いわゆる賭け、ビッティングを主としたものになっています。

もう「ハイテンション利休」というよくわからないタイトルの時点でインパクト抜群のカードゲーム。ついにプレイする事が出来ました。

まずプレイヤーは全員1~5までのテンション値のあるカードを所持しております。それをスタートプレイヤーが表でプレイ。次の人は、好きなカードを表・裏を選択してプレイします。これが一周終わったら全てのカードを表向けにして茶器を評価します。一番価値の高い物を利休に献上して報酬を貰います。この時、価値が同じだった茶器はバッティングで献上することが出来なくなります。

報酬は献上した茶器の価値分カードを貰い、それを勝利プレイヤーから逆回りで一枚ずつ抜いていきます。

これを4ラウンド繰り返してテンションと報酬が近い人の価値、という事になります。

非常にシンプルなルールで盛り上がれるゲームになっていると思います。茶器の価値として「テンション」とあるのが大変良く、皆でひたすら価値の高い茶器を献上していると利休のテンションもウナギ昇りで報酬を集めるのが大変になる。というのがなんともゲーム性を加速させており良い感じですね。

反面、ゲームをコントロールするのが非常に難しいゲームでもあります。報酬の調整もちょっと難しいし、買った人だけが貰うわけでもないので貰いたくない報酬を受け取るタイミングも。それも含めて盛り上がれるなら間違いなく面白いゲームだと思います。

また、手番にてカードを裏・表選択してだすことができるというのも、その出す意味、タイミングを計れないとゲームのバランスを一気に崩してしまう事があります。

全員がゲームに相当なれ、一手一手のカウンティングとビッティングの探り合いができるなら非常に面白いルールとなると思います。そのハードルがかなり高いですが。

とはいえ、「ハイテンション利休」という名前のインパクト、変則バッティング・トリックテイキング、シンプルなルールに惹かれるなら購入しても楽しめる一品に仕上がっていると思います。プレイ時間も短くコンポーネントも少なめでさくさくっと遊べる本作は、ゲームとゲームの合間の一作として重宝するでしょう。

ゲームとしてちょっと見ないルールをしているのもポイント高いですね。

盛り上がりとバッティングを加速させるなら、スタートプレイヤーだけが表で後は全員裏出しをするようにすると、非常に読み合いとカウンティングの熱いゲームになるかと思います。フレーバー含め、なんとも憎めないゲームかなと感じます。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ハイテンション利休 デザイナー蜂須賀敏浩
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数3~6人

似ているボードゲームのレビュー

「パトリツィア」: ★★★★☆

デザイン:ミヒャエル・シャハト
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、エリアマジョリティ、セットコレクション、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~5人・10歳~

「ブルームサービス」: ★★★★☆

デザイン:アンドレアス・ペリカン & アレクサンダー・フィスター
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、移動・運搬、ファンタジー、心理戦・ブラフ、依頼達成、メビウス頒布会
プレイヤー:2~5人・10歳~
2015年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「世界の七不思議」: ★★★★☆

デザイン:アントワーヌ・ボウザ
どんなゲーム:カード、ボード、建築、同時アクション、セットコレクション、ドラフト、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~7人・10歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「ペンギンパーティー」: ★★★★☆

デザイン:ライナー・クニツィア
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、絵・数合わせ、中途脱落、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・6歳~
2008年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「タイムストーリーズ」: ★★★★★

デザイン:ペギー・チャセネット & マヌエル・ロゾーイ
どんなゲーム:カード、ボード、コミュニケーション、推理、移動・運搬、数字比べ、同時アクション、協力、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~4人・12歳~

他の2014年度ゲームマーケット出品ゲームレビュー

「幻影探偵団」: ★★★★☆

デザイン:福島 了
どんなゲーム:ボード、推理、同人
プレイヤー:3~4人・12歳~
ゲームマーケット:2014年・出品

「バース」: ★★★★☆

デザイン:坂上 卓史
どんなゲーム:ボード、ダイス、シンプルなルール、エリアマジョリティ、直接攻撃、すごろく、同人、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~3人・8歳~
ゲームマーケット:2014年・出品

「オールグリーン」: ★★★☆☆

デザイン:しの
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、同人、バカゲー、パーティーゲーム
プレイヤー:2~6人・6歳~
ゲームマーケット:2014年・出品

「カツカレー喰ってる場合か!?」: ★★★★☆

デザイン:北条投了
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:4~7人・10歳~
ゲームマーケット:2014年・出品

「大怪獣コトバモドス」: ★★★★☆

デザイン:一年中未来
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、パズル、絵・数合わせ、リアルタイム、同時アクション、アクション、セットコレクション、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・6歳~
ゲームマーケット:2014年・出品


人気記事一覧

最新記事一覧