Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

俺が考える最強の鍋を作るプレゼンテーションカードゲーム「俺の鍋」レビューと感想

      2016/11/09

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前俺の鍋 デザイナー88クリエイト
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間15分 年齢8歳~
プレイ人数2~4人

「俺の鍋」ってどういうゲーム?

「俺の鍋」の紹介

カードゲーム「俺の鍋」はそれぞれが持つ鍋で具材を煮込み、一番おいしそうな鍋を作ったプレイヤーに多く点数が入るという感覚系セットコレクションプレゼンテーションゲームとなっています。

ルール概要

ゲームが始まると、プレイヤーには鍋とダシカードが配られます。鍋には材料が入る数字が書かれており、ダシにはベースとなるスープとドットでアイコンが描かれています。

その後プレイヤーは別で配られた材料カードを一斉にオープンします。

材料カードにもドットがありますので、それを見つつ、自分の鍋に合うものを瞬時に判断して取ります。

獲得した材料を手札として持ち、自分の鍋の許容量を超えないように、美味しそうな鍋のための具材を集めていきます。

完成した人から抜けていき、全員が完成したらオープン。それぞれ一言コメントなりして、指差し投票の数×鍋に設定された点数が自分の点数となり、もっとも点数を獲得したプレイヤーが勝者となります。

バーストする、人数によっては最も鍋の容量と材料の合計に差があるプレイヤーがラウンドから脱落するというルールもあります。

ゲーム感想

非常にシンプルであり、短い時間で遊べるゲームとなっています。ルールを読んだ時は、ここまでシンプルで、しかも明確なセットコレクション基準もなく「もっともおいしそうな鍋を作った人の勝ち」という曖昧な基準でどうなるんだろう、と思ったんですけれど、遊んでみるとこれが以外と面白い。

まず、鍋には容量があって、それにきちんと沿うように材料を集めていく必要があります。材料は野菜や肉といった項目で枠が色分けされており瞬時に判断つくようになっていてプレイアビリティ高め。

この具材というのも、定番からちょっと意外(けれどもありっちゃあり)という範囲に収まっていて、いわゆるゲテモノがないため全員が真剣に自分の鍋について考えられるのがいい感じです。まさにデパートに繰り出していろいろな食材を手にとっている感覚というか。

これを繰り返しつつ頭のなかで味を想像していく感覚。それぞれのセンスに合わせたセットコレクション。予想外に一つ一つの要素が咬み合ってゲームとしてきちんと、安定した面白さを生み出していると思います。

プレゼンテーション系ゲームは様々なものがすでに出ていますが、その中でも本作はきちんとこの作品だけの特徴を持ち、短い時間で遊べるものとして組み上がっています。

中々侮れない作品だと思いますよ。うん。

パーティーゲーム系、さくっとしたプレイ感、プレゼンテーションゲームが好きな人、探している人には特におすすめの作品です。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前俺の鍋 デザイナー88クリエイト
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間15分 年齢8歳~
プレイ人数2~4人

似ているボードゲームのレビュー

「ダンシングドラゴン」 : ★★★☆☆

デザイン:マーガレット・ワイス
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、アクション、セットコレクション、チーム、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:4~8人・6歳~

「じゅげむとショゴス」 : ★★★★★

デザイン:翠丸
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、アクション、チーム、同人、バカゲー、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~8人・6歳~
ゲームマーケット:出品

「くだものあつめ」 : ★★★★☆

デザイン:うずまきスイッチ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、移動・運搬、セットコレクション、ソロゲーム、同人、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~4人・6歳~

「大怪獣コトバモドス」 : ★★★★☆

デザイン:一年中未来
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、パズル、絵・数合わせ、リアルタイム、同時アクション、アクション、セットコレクション、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・6歳~
ゲームマーケット:出品

「カツカレー喰ってる場合か!?」 : ★★★★☆

デザイン:北条投了
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:4~7人・10歳~
ゲームマーケット:出品

37個の似ているゲームを全て見る


 - レビュー