Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

私のペアは誰だ!? パートナーを探すパーティーゲーム「ペアペア連想ゲーム」レビューと感想

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ペアペア連想ゲーム
( Linq)
デザイナーアンドレア・マイヤー
エリック・ニールセン
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45分 インスト時間10分
年齢10歳~ プレイ人数4~8人
2008年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

「ペアペア連想ゲーム」ってどういうゲーム?

「ペアペア連想ゲーム」の紹介

パーティーゲーム「ペアペア連想ゲーム」は、自分が担当したキーワードと同じ相手を探したり、他のペアを探す推理とコミュニケーションのゲームです。

使うのはこんなカード。同じ内容の二枚を一セットして、メンバー分配ります。この時ダミーで何も書かれていないカードも配られます。

誰が自分のペアかわからない状態でゲームが開始。カードには幾つかのキーワードが書かれており、ダイスを振ってキーワードが決定されます。これでペア同士でキーワードが設定されます。あとは自分のペアを探していくだけ!

ペアを探すにはヒントを出す必要があります。ペア同士で繋がるようにヒントを出しつつも、他の人にはしられないようにします。

例えば「ハワイ」がキーワードだったら「南」とか答えます。

そうやって一人一人がヒントを出していく中で自分のパートナーを探す。ここで注意しないといけないのは、「他の人にペアを当てられると点数が取られる」ということ!! 自分達だけで伝わるように慎重にヒントを考える必要があります。

このドキドキ感がなんともたまりません。静かな盛り上がりを見せるゲームだと思います。また、中にはダミーが混じっていて、その人をペアに含めちゃうと点数を没収されちゃいます!

人狼などに代表される「正体隠匿系」の要素を混じっており、気が抜けないゲームに仕上がっていると思います。

変な言い方をしちゃうと合コン的なゲームとも言え、まさにパーティーゲームという感じ。集まったときの余興としても良いのではないでしょうか。

反面、プレイヤーのテンションに大きく左右されるゲームであるとも言えます。ホスト役というか、進行役がいるとゲームは盛り上がりますが、それがいないとちょっと淡々としてしまう事があります。遊ぶメンバーにはちょっと気をつけないと行けませんね。

人を選ぶゲームではありますが、きちんとセッティングできれば盛り上がるゲームには違いありません。

こういうゲームは答え合わせをしたときの感想戦が楽しいものですね。「あのヒントはファインプレイだったよ」「あーだからこのヒントかー!」と余韻を楽しむ事が出来ます。

プレイヤー人数が多く、プレイ時間もほどほどですので持っていても損はないゲームの一つだと思います。

パーティーゲーム好きは勿論、沢山の人と集まる事が多い、コミュニケーション系のゲームが好きといった方には特にオススメです。子供が沢山集まる場でのちょっとしたゲームとしても盛り上がるでしょう。お題も沢山あり、何度でも楽しめます。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ペアペア連想ゲーム
( Linq)
デザイナーアンドレア・マイヤー
エリック・ニールセン
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45分 インスト時間10分
年齢10歳~ プレイ人数4~8人
2008年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

似ているボードゲームのレビュー

「インサイダー・ゲーム」 : ★★★★☆

デザイン:佐々木隼
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、心理戦・ブラフ、正体隠匿、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:4~8人・9歳~

「曖昧フェイバリットシングス」 : ★★★★☆

デザイン:ニルギリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、数字比べ、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:出品

「ブラックストーリーズ」 : ★★★★★

デザイン:ホルガー・ボッシュ
どんなゲーム:カード、コミュニケーション、推理、パーティーゲーム
プレイヤー:2~20人・12歳~

「ディクシット」 : ★★★★★

デザイン:ジーン・ルーイー・ラウビラー
どんなゲーム:カード、コミュニケーション、プレゼンテーション、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~6人・8歳~
2010年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「お邪魔者」 : ★★★★☆

デザイン:フレデリック・モヤーアセン
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、直接攻撃、心理戦・ブラフ、正体隠匿、パーティーゲーム
プレイヤー:3~10人・8歳~

15個の似ているゲームを全て見る


 - レビュー