Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

ひたすらジレンマを突きつけてくるお手軽チキンレースカードゲーム「ゲシュンク」レビュー

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ゲシェンク
(No Thanks!)
デザイナートーステン・ギムラー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数3~5人 BGGスコア7.04/10 (11604票)
2005年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

「ゲシェンク」ってどういうゲーム?

「ゲシェンク」の紹介

「ゲシュンク」は和訳すると「贈り物」という意味。このゲームの内容からすると皮肉も良いところ。ルールはひたすら単純。場には一枚カードが出されていて、それを受け取るとそのままマイナス点になる。勿論受け取るのは嫌なので、パスをする。パスをするには手持ちのチップを出さないといけない。これを繰り返すだけ。

カードを受け取ると積まれたチップは総取りになる。次のラウンドはもちろんチップが沢山ある状態で初められる。ギリギリまで粘っても次からきつく、だからといってすぐに取ってしまうとマイナス点と見合わない。

そして、ここからがこのゲームのミソだが、受け取ったカードが連番だと数が低い方を無視することが出来る。ここがこのゲームの面白いところで、今これを取らないとアイツが得をしてしまう!! みたいな状況が出来やすい。ジレンマにつぐジレンマ。ヒリヒリするチキンレースの連続。

手に汗握りつつもチップの数はどんどん減っていく! この楽しさが想像できる人はこのゲームを間違いなく楽しめると思う。

チップによって行動が制限されやすいという側面もありますが、そういう所もこのゲームの楽しいところでしょう。

お手軽に本気のやりとりをしたいなら

お手軽に尻に火がつくような勝負をしたいなら、この作品はおすすめです。運要素も多分にありますが、そこもまた意外性があり楽しくて良いかと思いますよ。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ゲシェンク
(No Thanks!)
デザイナートーステン・ギムラー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数3~5人 BGGスコア7.04/10 (11604票)
2005年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

似ているボードゲームのレビュー

「サンクトペテルブルク」: ★★★★☆

デザイン:ベルント・ブランホーファー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション
プレイヤー:2~4人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

「スコットランドヤード」: ★★★★☆

デザイン:マンフリッド・バーグラフ & ドロシー・ギャレルズ & ウルフ・ホールマン & フリッツ・イフランド & ベナー・シラー & ベナー・シュレーゲル
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、チーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~6人・10歳~
1983年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「スペキュレーション」: ★★★★☆

デザイン:ディルク・ヘン
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、同時アクション、バッティング、すごろく、パーティーゲーム
プレイヤー:3~6人・10歳~

「ジャイプル」: ★★★★☆

デザイン:セーバースチャング・ポーチョン
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、二人対戦
プレイヤー:2~2人・12歳~
2010年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ドメモ」: ★★★★☆

デザイン:ピー・ハルヴァー
どんなゲーム:シンプルなルール、パズル、推理、勝ち抜け、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・8歳~


人気記事一覧

最新記事一覧