Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

新たな文明を刻め!! アクションの選択と強化が楽しいボードゲーム「シヴィライゼーション:新たな夜明け」レビューと感想

      2018/11/08

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前シヴィライゼーション:新たな夜明け
(Sid Meier's Civilization: A New Dawn)
デザイナー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★★☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間60~120分 年齢14歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7.5/10 (1837票)
BGG重量2.9/5

「シヴィライゼーション:新たな夜明け」ってどういうゲーム?

「シヴィライゼーション:新たな夜明け」の紹介

ボードゲーム「シヴィライゼーション:新たな夜明け」は、自分の国を発展させながら条件を達成していき、最も偉大なる文明にすることを目指す、歴史戦略ゲームです。

ルール概要

それぞれのプレイヤーは国を担当します。それぞれが特殊な能力を持っており、その能力をどれだけ活かす運用ができるかが鍵となります。

手番では、手元にあるカード選択肢からアクションを選びます。

攻撃、支配地を広げる、交易する、建築物を建てる、技術レベルを上げる。

これらのいずれかを選択して処理をすると手番が終了します。これを繰り返していきます。各アクションは1枚のカードとしてどういう行動をすれば良いのか書かれているからわかりやすいですし、技術レベルをアップさせると、カードが強化されアクション自体が変化していく仕組みです。

また、各アクションにはパワーがあり、並び順で右に行くほど、パワーが増えていきます。例えば、一番右で建築物を建てると、どの種類の地域にも建設できますが、一番左で建築しようとすると、草原にしか建てることはできません。

アクションを選択すると、その処理が終わった後、このアクションカードは一番左へと下がり、間がつまります。このようにして、どうアクションを選択していくのか、どう今後の計画を構築していくのかが本作の面白い部分となっています。

基本的には都市を増やし、領土を構築していく、陣取りという塩梅ながら、交易能力や遺産建築など、さまざまな効果が重なっていき、最終的には壮大な世界感が構築されていくゲームとなっています。

最終的に、各ゲームで設定される目標を指定数先に達成したプレイヤーが勝利します。

ゲーム感想

シヴィライゼーション!! 各所で超絶重ゲーとされ、そおプレイ時間もとどまるところを知らず、というのは聞いてきましたが、今回、装いも新たに遊びやすくなって登場しました。

各国の特殊な能力がありつつ、アクション自体を強化して、中立都市との貿易により強力な能力を得、遺産を立てて、目標を達成していく、というゲームです。

ですが、そこにマップ上の陣取り、攻防が付与されて、もうすさまじい楽しいゲームになっています。

ルール量はゲーム規模から考えるとかなりシンプルになっている印象だし、やってみよう、でできちゃうレベルに落ち着いているのもぐっと!

目標をただただ目指していると他の国に取られちゃうかもしれないから、きちんと軍拡もして、けどそうするとアクションのパワーが、技術レベルも足りない・・・。みたいなあれもしたい、これもしたいというまさに国を運営する悩みを味わえますよ。

じわじわと広がっていく各国を見ながら、自分はどうしていこうか。頭を抱えながら蛮族の対処もしなければならない!!

戦略系ゲーム好きな人にはかなりおすすめ! ぶっ飛んだ能力とかもあって、繰り返し遊んでいくほどに楽しさがます仕組みになっていると思いますよ!

個人的にはショートゲームはちょっと短すぎ、国の能力を一部活かせないものがありますので、フルゲームがおすすめです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前シヴィライゼーション:新たな夜明け
(Sid Meier's Civilization: A New Dawn)
デザイナー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★★☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間60~120分 年齢14歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7.5/10 (1837票)
BGG重量2.9/5

似ているボードゲームのレビュー

「ポルタ・ニグラ」: ★★★★☆

デザイン:マイケル・キースリング & ヴォルフガング・クレイマー
どんなゲーム:カード、ボード、陣取り、エリアマジョリティ、移動・運搬、建築、セットコレクション、アクションポイント、ゲーマーズゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・12歳~

「モンバサ」: ★★★★☆

デザイン:アレクサンダー・フィスター
どんなゲーム:カード、ボード、陣取り、ネットワーク、拡大再生産、ワーカープレイスメント、デッキ構築、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~4人・12歳~

「傭兵隊長」: ★★★★★

デザイン:ドミニク・エルハール
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、陣取り、エリアマジョリティ、ネットワーク、数字比べ、心理戦・ブラフ、交渉、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~6人・12歳~
1995年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ヘラス」: ★★★★☆

デザイン:ステファン・ドーラ
どんなゲーム:ボード、陣取り、歴史、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~4人・10歳~

「アクシオ」: ★★★★★

デザイン:ライナー・クニツィア
どんなゲーム:ファミリーゲーム、ゲーマーズゲーム、ボードゲーム、タイル配置、陣取り、エリアマジョリティ
プレイヤー:2~4人・8歳~

同じデザイナーのゲーム

「エックスウィング」: ★★★★☆

デザイン:スティーブン・キンボール & ジェームズ・ニフェン & コーリー・クニーチカ & ジェイソン・リトル & ブレイディ・サドラー & アダム・サドラー
どんなゲーム:ダイス、フィギュア、ミニチュア・ウォーゲーム、SF、バッティング、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・14歳~


人気記事一覧

最新記事一覧