Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

トリックテイキングと陣取りによる手に汗握る合戦が熱い!!「上洛」レビューと感想

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前上洛
(joraku)
デザイナー月並いおり
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30~60分 年齢12歳~
プレイ人数3~4人

「上洛」ってどういうゲーム?

  • ゲームマーケット出品

「上洛」の紹介

ボードゲーム「上洛」は、カードゲームの定番ルールであるトリックテイキングと陣取りを組み合わせた戦乱がテーマのゲームとなっています。

目を引くコンポーネント、独自の兜コマ、三カ国語対応のカード・ルールブックの力の入れようからこのゲームにかける意気込みが伝わってくるようですね。

プレイヤーはまずカードを受け取ります。カードはスートが三つで数字が1~6さらには忍者という特殊なカードがあります。スタートプレイヤーから一枚カードを出したら、次のプレイヤーはそのカードのスートにあわせたものを出す必要があります。そうして一巡したら誰が一番高いカードを出したかを確かめます。一番カードを沢山出した人が勝鬨カードを受け取り、自分の将軍コマがある領地で得点計算が始まります。

と、基本となっているのはトリックテイキングのルールとなっています。このゲームの特徴は、このカードを出すときにボード上のコマを動かすという所。カードを出したらその数字の領地にストックのコマを配置するか、そのカードの数字をそのままアクションポイントとしてボード上のコマを移動させたり排除したりする事が出来るという事です。

これにより、カードをプレイしながらコマを動かし、陣取り・エリアマジョリティを楽しみながらもカウンティングによる他のプレイヤーと読み合いをする事が出来るようになっています。

トリックを取ればスタートプレイヤーになり一番最初にコマを動かす事になるのでボード上では不利となる。けれども得点は欲しいというジレンマと、減っていく手札のハンドマネジメントがもどかしく、抜群に楽しいです。

ラウンド毎に各エリアにおける点数計算が入るようになっており、京都から遠い「6」のエリアほど最初は得点が貰えます。ラウンドが経過していくごとに、今日との方が得点が取れるようになっていて、コマ達がどんどん移動していく様がテーマともあっていて楽しめます。

イメージとしては「エルグランデ」にちょっと近い遊び味があります。トリックごとによる得点計算と、ラウンド毎による得点計算があり、どこで点を取っていくのかというのが悩ましいです。

反面、トリックテイキングという本来テンポが良いメカニクスが陣取りのコマ操作により薄れ、カードカウンティングが少し難しく、また手札がなくなっていくことにより刻々と変化する陣取り面で選択肢が狭くなっていくようになっています。ここをどう取るのかというのはプレイヤー次第ですね。

カードが配られたときの手札運とハンドマネジメントが凄く大切になっていて、かなりカツカツなゲーマーズゲームになっているんじゃないかと感じます。そういうゲームが好きな人にはむしろご褒美って感じですね。

陣地毎の点数配分に関しては、少し極端かなと思う所もあります。京都が少し高得点すぎる気もしますね。それを踏まえてどう動くかというのがポイントになるでしょう。

ゲーマーズゲームとしてかなりのクオリティにまとまっていると思います。トリックテイキングの特徴を上手く捉え、コマがぞろぞろ移動していく戦国時代を上手く表現できた手に汗握る陣取りゲーム。テーマも勿論、陣取り、ゲーマーズゲームが好きな方にはオススメの作品になっていると思います。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前上洛
(joraku)
デザイナー月並いおり
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30~60分 年齢12歳~
プレイ人数3~4人

似ているボードゲームのレビュー

「ブロックス」: ★★★★★

デザイン:バーナード・タビシャン
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、パズル、陣取り、エリアマジョリティ、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~4人・7歳~
2002年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「アイスカルト」: ★★★★☆

デザイン:ジョー・ウェセレル
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、移動・運搬、アブストラクト、ゲーマーズゲーム、子供でも遊べる、知育、豪華なコンポーネント、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・10歳~

「シネマフロンティア」: ★★★★☆

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、セットコレクション、同人
プレイヤー:3~5人・10歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「パカルのロケット」: ★★★★☆

デザイン:ギュンター・ブルクハルト
どんなゲーム:ボード、ダイス、陣取り、エリアマジョリティ
プレイヤー:2~5人・8歳~

「ワールドモニュメンツ」: ★★★★☆

デザイン:ピエロ・シオニー
どんなゲーム:ボード、ブロック、シンプルなルール、移動・運搬、建築、歴史、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・8歳~

他の2015年度ゲームマーケット出品ゲームレビュー

「はんか通骨董市」: ★★★☆☆

デザイン:林尚志
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、バースト、バッティング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~6人・8歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「たのめナイン」: ★★★★☆

デザイン:dai & チカール
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・10歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「オシリスの棺」: ★★★★☆

デザイン:小島芦尾
どんなゲーム:カード、直接攻撃、心理戦・ブラフ、バッティング、同人、ゲーマーズゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「萌札拡張「添え札」」: ★★★★☆

デザイン:テイダ リョウ
どんなゲーム:カード、拡張、シンプルなルール、プレゼンテーション、同人、バカゲー
プレイヤー:3~6人・15歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「曖昧フェイバリットシングス」: ★★★★☆

デザイン:ニルギリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、数字比べ、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:2015年・出品


人気記事一覧

最新記事一覧