Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

カードゲームの中毒性とプレイヤーとの絡みに興奮する「十二季節の魔法使い」レビューと感想

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケットチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前十二季節の魔法使い
(Seasons)
デザイナーリージス・ボネシー
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★★★☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間60分 年齢14歳~
プレイ人数2~4人

「十二季節の魔法使い」ってどういうゲーム?

「十二季節の魔法使い」の紹介

ボードゲーム「十二季節の魔法使い」は、TCG好きには堪らないカードによるコンボや、他のプレイヤーとの駆け引きが存分に味わえるボードゲーム的な旨みをぎゅっと凝縮したようなゲームです。

プレイヤーは魔法使いになり、使い魔や魔法具を操りながら他の魔法使いと三年という月日をかけて競いあいます。四つの季節を三回巡るから十二季節の魔法使い。詩的でなんとも響くタイトルですね。このゲームは、時間、とくに季節を凄く大切にしていて、魔法使いとしての成長、他のプレイヤーとの競い合いという物がぎゅっとルールやプレイ感にあらわれています。

まず最初にプレイヤー達にはカードが渡されるわけですが、それがそのままデッキになるわけではなく、ドラフトによってどのカードを手元に置くのかを選択していきます。まずカードを選んで残った物は次の人へ、すると前の人からカードが回ってくるのでそこからまたカードを選んで、という具合。

これによって選ばれた9枚がゲームで使うデッキとなります。しかし、一年で手札に入れられるカードは三枚だけ。つまりこの9枚のカードから、一年につき三枚ずつのミニセットを作るわけですね。最初は魔法使いの力も強くないので発動しやすいカードや継続系のカードを、終盤には強力なカードをといった具合に三枚ずつのセットを三つ作ります。

これからようやく魔法使い達と戦っていくわけですね。

ラウンドの最初には季節ダイスを振り、プレイヤーターンでそれらダイスから一つ自分の物として取ります。それによってマナガ出たりカードが引けたりします。その季節でしか得られないマナや効果があったりしてこれがまた悩ましい。

そしてラウンドの最後に時間が経過。季節が巡ったりしていきます。ここでもまた読み合いが発生したりします。

カードを使うには様々な種類のマナ、そしてクリスタルなど多様なリソースを使っていきながら、魔法使い自身が成長しつつ色々なカードを手繰っていきます。これがなんともTCG的。カードごとのコンボを考えるとどこまでも楽しめますし、その場で即席でデッキを作るというのもワクワクしますね。また、九枚の初期デッキの他に、山札からカードを引けるようにもなっていますので、ここから逆転手がひけるかもしれない!! というような盛り上がりがあります。

後半になるにつれてどんどん迫力をましていくカードたち。大体のカードは最初にドラフトで巡っているので、「あのカードとこのカードをこう繋げるのか!!」という驚きもあって良いですね。

さて、そんなTCG的な楽しさがギュッと詰まった本作ではありますが、ゲームルール的にちょっと難易度が高いものにもなっています。特に、デッキをゲーム最初に構築するという所が難しい。一度ゲームを味合わないとどういうデッキ編成をすればいいのかわからないのですが、そのデッキ編成を最初にやらないといけない部分。半分以上のカードが山札として置かれてカードドローのギャンブル性が高い。プレイヤー間の絡みが強いために経験差があるとバランスが崩壊しやすいなどなど。

デッキ構築部分はルールブックに最初に遊ぶ用にカード構成が書かれているのでまだ問題は無いのですが、50枚あるデッキからカードを探すのは結構しんどいですしそれが時間かかったりしてパッと遊ぶには不向きだったりするのですよね・・。カードの効果も様々あって、理解に手間取ってしまうという場面もあるでしょう。

ドローによる運要素もかなりあり、ここで強力なカードが惹かれると一気に形成逆転という可能性もあります。それが良いという人も居るとは思いますが、個人的にはちょっと運要素が強すぎるかなと感じるところです。

特定の人と何回も遊ぶ。TCGが好き。ドミニオンにちょっと飽きてきた。なんて方にはオススメのゲームです。

ほかのプレイヤーとの読み合いが痺れるゲームになっています。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前十二季節の魔法使い
(Seasons)
デザイナーリージス・ボネシー
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★★★☆☆
運要素★★★★☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間60分 年齢14歳~
プレイ人数2~4人

似ているボードゲームのレビュー

「セレスティア」: ★★★★☆

デザイン:エアロン・ワイスブルーム
どんなゲーム:カード、ダイス、シンプルなルール、移動・運搬、スチームパンク、チキンレース、心理戦・ブラフ、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~6人・8歳~

「上洛」: ★★★★☆

デザイン:月並いおり
どんなゲーム:カード、ボード、陣取り、エリアマジョリティ、移動・運搬、直接攻撃、トリックテイキング、アクションポイント、同人、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~4人・12歳~
ゲームマーケット:2015年・出品

「レジェンズ」: ★★★★★

デザイン:クリスチャン・フィオリ & クヌート・ハペル
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、エリアマジョリティ、移動・運搬、歴史、投票、タイムトラック、ファミリーゲーム、ゲーマーズゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・9歳~

「ポルタ・ニグラ」: ★★★★☆

デザイン:マイケル・キースリング & ヴォルフガング・クレイマー
どんなゲーム:カード、ボード、陣取り、エリアマジョリティ、移動・運搬、建築、セットコレクション、アクションポイント、ゲーマーズゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・12歳~

「ローゼンケーニッヒ」: ★★★★☆

デザイン:ディルク・ヘン
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、陣取り、移動・運搬、直接攻撃、二人対戦
プレイヤー:2~2人・10歳~


人気記事一覧

最新記事一覧