Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

日本で四番目にりんごの生産量が多いのはどこ!? 四位をあてる日本クイズボードゲーム「じゃぱらん」レビューと感想

      2016/07/14

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケットチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前じゃぱらん デザイナー松井佐知彦
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数2~6人

「じゃぱらん」ってどういうゲーム?

  • ゲームマーケット出品

「じゃぱらん」の紹介

クイズゲーム「じゃぱらん」は日本についての様々な物事の四位を当てると点数が入るという、会話が弾むお手軽ながら歯ごたえのあるゲームです。

ゲーム概要

クイズのお台となるカードを読み上げてゲームが始まります。

手番の人は、キューブを一個日本地図の上に置くか、もしくはヒントとしてカードのヒント部分を読むことができます。ヒントには六位までの順位を省いた都道府県の名前が書かれています。

点数は一位から四位までを当てた人にはいりますが、順位が低ければ低いほど高得点となります。一位は知っていても、それ以外は結構知らないもので、皆の答えが結構ばらけるのが面白いです。

全員がキューブを置き終わったら答え合わせ、点数を獲得していきます。

これを繰り返し、最終的に一番点数の多いプレイヤーの勝利となります。

ゲーム感想

日本を舞台にしているだけに、非常に身近な感じのするクイズゲームです。点数になる場所が4つと決められていますので気軽にキューブを置けますし、あーだこーだ言いあいながら盛り上がるゲームとなっています。

一つの地域には2つまでしかキューブを置けませんから、早い者勝ちでその地域に置かないといけないわけですが、ヒントも見てみたい。そういうちょっとした悩ましい所がなかなか良く出来ています。

ヒントを見た人の後馬にのってみたり、知識がある人と同じ場所においてみたり。わからないながらもいろいろと戦略が出ますし、結構以外なところが答えだったりしてそれもまた面白いですよ。

もちろんマニアックな問題も多数収録されており、知識自慢も満足の内容となっています。

こういったクイズゲームはいろいろありますが、日本が舞台で、しかも四位を当てる! というのはありませんでしたので新鮮ですし、なかなかどうして勉強にもなります。ルールも簡単ですぐに遊べますし、プレイ人数もなかなか多め。良いゲームだと思います。

パーティーゲームとしてもファミリーゲームとしてもちょうどよい作品ではないでしょうか。ポップな見た目に侮れない難易度。繰り返し遊べていつ切り上げても良い、こういうゲームは一つあるといいですよね。

小学生の社会科などでちょうど取り上げるクイズも良く出ますので、子どもと遊ぶゲームとしてもチョイスしやすいかと思います。オススメです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前じゃぱらん デザイナー松井佐知彦
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数2~6人

似ているボードゲームのレビュー

「人狼村からの脱出」: ★★★★☆

デザイン:スクラップ
どんなゲーム:シンプルなルール、コミュニケーション、パズル、推理、リアルタイム、協力、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~10人・12歳~

「それはオレの魚だ!」: ★★★★☆

デザイン:ギュンター・コルネット & アルヴィダス・ジャケリウナス
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、移動・運搬、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・8歳~
2006年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「テラ~私たちの地球」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、クイズ・知識、推理、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・10歳~

「スコットランドヤード」: ★★★★☆

デザイン:マンフリッド・バーグラフ & ドロシー・ギャレルズ & ウルフ・ホールマン & フリッツ・イフランド & ベナー・シラー & ベナー・シュレーゲル
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、チーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~6人・10歳~
1983年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「ヤッツイー」: ★★★★☆

デザイン:エドウィン・S・ロー
どんなゲーム:ダイス、セットコレクション、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~10人・6歳~

他の2016年度ゲームマーケット出品ゲームレビュー

「シュレディンガー勇者」: ★★★★☆

デザイン:ゆお & こっち屋
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、ファンタジー、心理戦・ブラフ、陣営分け、正体隠匿、バカゲー、パーティーゲーム、同人
プレイヤー:3~7人・8歳~
ゲームマーケット:2016年・出品

「チネチッタ1937」: ★★★★★

デザイン:月並 いおり & 吉々庵
どんなゲーム:カード、数字比べ、オークション、同時アクション、セットコレクション、ドラフト、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、同人
プレイヤー:3~5人・12歳~
ゲームマーケット:2016年・出品

「渦まくキャンペーン」: ★★★☆☆

デザイン:RX
どんなゲーム:カード、移動・運搬、レート、同人
プレイヤー:3~4人・10歳~
ゲームマーケット:2016年・出品

「桜降る代に決闘を」: ★★★★★

デザイン:BakaFire
どんなゲーム:カード、LCG、移動・運搬、心理戦・ブラフ、二人対戦、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~2人・12歳~
ゲームマーケット:2016年・出品

「共有地の悲劇」: ★★★☆☆

デザイン:水崎弘也
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、直接攻撃、同人、パーティーゲーム
プレイヤー:3~5人・10歳~
ゲームマーケット:2016年・出品


人気記事一覧

最新記事一覧