Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

Warning: A non-numeric value encountered in /home/aori/bged.info/public_html/wp-content/themes/bord_game/functions.php on line 68

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

宇宙空間で艦隊戦! シンプルなルールに悩ましさ全開の二人対戦ボードゲーム「フリートコマンダー」レビューと感想

      2016/06/27

NEWS : ボードゲームを横断検索して探せるツール「ボードゲーム通販横断検索するやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前フリートコマンダー
(Fleet Commander)
デザイナーエルウィン・シャルパンティエ
アンリ・リディチ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間60分 年齢12歳~
プレイ人数2~2人

「フリートコマンダー」ってどういうゲーム?

「フリートコマンダー」の紹介

ボードゲーム「フリートコマンダー」は精巧なフィギュアが目を引く二人対戦型のミニチュアゲームとなっています。手番では艦隊を指揮し、相手の船を撃墜するために戦略をめぐらします。

なんといってもまずこの見た目にビビッと来る方は多いはず。ごっそりと情報を削ったシンプルな盤面、見事な造型の宇宙船、スッキリしたデザイン。やあ、これですよねえうんうん。

手番では攻撃、移動、防御に対応したダイスを三つ選び振り、それをいずれかの自分の操作する戦艦に割り振って行動を行います。ダイスには移動や攻撃に使う方向を示す出目の他に、特殊な出目もありこれを二つ揃えると特殊兵装が発動できるようになり、有利に立ち振る舞えます。

移動や攻撃は凄く単純で、ダイスの出目が出た方向にそれを行うだけです。ボードは25マスに分かれていて、そこに巨大な船が混在する様は圧巻。一つのエリアに居られる船の総レベルなどが決まっており、あまり固まっていると移動がしづらく、けれども孤立すると集中攻撃を受ける事があります。

外から攻撃を受けなくなる小惑星地帯に隠れたり、ワープゾーンに突っ込んでみたりと変化に飛んだ戦略が可能です。

ミニチュアゲームにありがちな細かな枝葉に分かれた例外処理などなく、すごくスッキリと、シンプルなゲームに仕上がっています。インストもあまり時間をかけず遊ぶことが出来、コンポーネントの数もそこまでありませんからすぐに遊ぶことが出来るのが魅力ですね。ゲーム自体も一時間程度で決着がつくようになっているのも嬉しいです。

うーん、思わず写真をとってしまいますね。良いアングルを探すためにわざと単体で突っ込んで見たりして。それぞれの陣営で船に特徴があるのも良いんですよね。色々と設定を考えてしまいたくなりますよ。

どの船がどれだけダメージを負っているのか、どれだけ攻撃力があるのかなども台座を見たらすぐにわかります。かなり洗練されている印象ですね。

ガチガチなゲーマーズゲームというわけではなく、ダイスによってある程度運の要素も確保されているというのがまた私好みです。手軽に遊ぶ事もできるのは良いですね。

ミニチュアゲームというのは基本的に敷居の高いジャンルですが、本作はまさにボードゲームとの間の子という感じで、お互いの良いところをしっかりと受け継いでいます。人気も高く、ぞくぞくと拡張も出ているようです。

ミニチュアゲームに興味がある、宇宙戦闘、二人対戦ゲーム好きといった方にはオススメかと思います。シンプルで遊びやすく完結していてシナリオがいくつか用意されていますので繰り返して遊べる内容になっていますよ。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前フリートコマンダー
(Fleet Commander)
デザイナーエルウィン・シャルパンティエ
アンリ・リディチ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間60分 年齢12歳~
プレイ人数2~2人

似ているボードゲームのレビュー

「宝石の煌き」: ★★★★★

デザイン:マーク・アンドレ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~
2014年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

「ツィクスト」: ★★★★☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、陣取り、二人対戦、アブストラクト
プレイヤー:2~4人・12歳~

「マルコポーロの足跡」: ★★★★☆

デザイン:シモーン・ルチニー & ダニエル・タシニ
どんなゲーム:ボード、ダイス、依頼達成、ワーカープレイスメント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・12歳~
2015年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート部門推奨リスト入り

「グリード」: ★★★★☆

デザイン:D.ウェイン・ハケット & ウォルター・L・モーガン
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、チキンレース、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~6人・7歳~

「ランカスター」: ★★★★☆

デザイン:マティアス・クラマー
どんなゲーム:ボード、エリアマジョリティ、数字比べ、投票、拡大再生産、ゲーマーズゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~5人・12歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート部門ノミネート


人気記事一覧

最新記事一覧