Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

分配と競りで戦略が加速する二重構造のカードゲーム「ビブリオス」レビューと感想

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ビブリオス
(Biblios)
デザイナースティーブ・フィン
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数2~4人

「ビブリオス」ってどういうゲーム?

「ビブリオス」の紹介

カードゲーム「ビブリオス」は分配フェイズでカードを配り、競りフェイズで手札を使ってオークションを行うという二重構造が楽しいゲームとなっています。

使うのは大量のカード、そして小さなボードにダイス。ダイスはそのカードの点数を表しているだけで、実際に振ったりしません。

ゲームはまず分配フェイズから始まります。山札からプレイヤー人数+1枚のカードを引き、一枚を自分へ、一枚を後々使う競り用の山札へ、そして残りを表にして場札とします。他のプレイヤーはそれを順番に好きな物を受け取る。まずはこれを繰り返していきます。

カードにはお金と商品、そして特殊カードの三種類あります。お金と商品については今後の競りフェイズで使うわけですが、特殊カードは即時解決します。ボード上にあるダイスの数字を上下する効果をもっていて、これによって商品の価値を調整することができます。自分の手元に沢山ある商品は点数をつり上げたりして勝ちを狙うことが出来ますね。

分配フェイズが終われば競りフェイズ。山札から出されたカードについて、お金カードを使って競りを行っていきます。この時おつりは出ませんので出すカードは慎重に選ぶと良いでしょう。

商品カードが出る分にはお金で良いのですが、お金が出た場合。この時どうするのかというと、カードの枚数で競ることになります。この時お金カードを使って競り落とすことも可能。勝てないと踏んだ商品をここで切り捨てるといった踏ん切りが必要ですね。

それもおわれば手札を全公開。それぞれの商品を沢山持っている人が該当するダイスを受け取りそれが点数となります。

非常にシンプルな分配と競りですが、その分読み合いが非常に熱く、カウンティングとゲームメイクの能力が必要とされます。

絡みの要素もほどほど強く、ゲーマーズゲームよりと言えるかと思います。とはいえ、ルール自体はシンプルですし、カジュアルに遊べますのでパーティーゲーム、ファミリーゲームとしても盛り上がるゲームだと感じました。

三十分で終わるという短さも良いです。ゲームが進むにつれて、お互いの意図がハッキリしてきたときの静かな盛り上がりがなんとも言えません。分配によるカード選択のジレンマ。競りで相手の手札を予測しながらどこまで出せるかという踏ん切り。たまりませんね。

競りゲーム好きなら間違いなく楽しめる作品だと思います。シンプルで手軽ながら運と戦略がほどよく繰り返し遊べる鉄板ゲームと言えるでしょう。

他には無いちょっと独特なルールをしているカードゲームですので、そういう意味でも持っていて損は無い作品だと思います。

短い時間で遊べる、競り、カードゲーム、ほどよい難易度。そういったゲームを探している方にはオススメの作品です。面白いですよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ビブリオス
(Biblios)
デザイナースティーブ・フィン
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30分 年齢10歳~
プレイ人数2~4人

似ているボードゲームのレビュー

「キャッツ・パーティ」: ★★★★☆

デザイン:イイダテツヤ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、同時アクション、ドラフト、バッティング、同人、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:3~6人・7歳~
ゲームマーケット:出品

「メディチ:カードゲーム」: ★★★★☆

デザイン:ライナー・クニツィア
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、歴史、絵・数合わせ、チキンレース、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~6人・10歳~

「インサイダー・ゲーム」: ★★★★☆

デザイン:佐々木隼
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、推理、心理戦・ブラフ、正体隠匿、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:4~8人・9歳~

「五本のきゅうり」: ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~6人・8歳~

「イムホテップ」: ★★★★☆

デザイン:フィル・ウォルカーハーディング
どんなゲーム:カード、ブロック、エリアマジョリティ、移動・運搬、建築、ゲーマーズゲーム、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・10歳~
2016年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート


人気記事一覧

最新記事一覧