Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

貴族となり長者を目指せ!! お金のやりくりが勝敗を決める「サンクトペテルブルグ」レビュー

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前サンクトペテルブルク
(Saint Petersburg)
デザイナーベルント・ブランホーファー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間45 − 60分 年齢10歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7.34/10 (11477票)
2004年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門ノミネート

「サンクトペテルブルク」ってどういうゲーム?

「サンクトペテルブルク」の紹介

お金をやりくりしてどんどん自分の影響力を強めてこの街一番の長者となる。というのがこのゲームの目的。職人でお金を稼ぎ、建物で影響力を高めて貴族達を仲間に入れてさらなる成長を目指します。

カードのイラストにおっさんが多いので、なんだかおっさんを集めるのがゲームの目的になっていくような気がしないでもない。

職人フェイズ、建物フェイズ、貴族フェイズ、アップグレードフェイズを皆でやりながらラウンドを回していきます。これがまたなんとも悩ましいです。例えば職人はお金を生み出すカードですが、お金を生み出すのは職人フェイズの最後。ラウンド自体の最後ではなくて、そのカードがリソースを吐き出すのはそのフェイズの最後なんですね。だからどのタイミングでどのカードを買うか、というのは凄く大切な要素になっています。

お金を集めるとどんどんとゲームが加速していくのですが、点数には結びつかないので、どこかのタイミングで建物を買わなくてはなりません。また、建物もまた、毎ラウンドお金と同じように勝利点を生み出していくので早く買った方が良いに違いありません。ここのジレンマが楽しい。貴族は金も勝利点も生み出すのですがコストが高い。また貴族は集めるとこれまたそれだけで勝利点という大切な要素。

最初はお金を稼ぐために沈んで後々の加速を狙うか、最初に建物を買い最終的な勝利へと手をかけるか。そういう戦略が色濃く浮き彫りになって、印象深いゲームになります。

どこで何を買うのか、どこで待機するのか。これがとても悩ましい。お金と勝利点という2つの要素だけに焦点を当てて、どこまでも削ぎ落とされたルールが痺れます。静かに手を伸ばす淡々とした楽しさ。決して盛り上がるわけではないんだけれど、確実に勝利へと近づいている手応えを感じることが出来ます。

短い時間で遊べるのもいいですし、ルールもシンプルながら戦略を巡らせる楽しさが確かにあります。

こういう拡大再生産ゲームでは、スプレンダー等が最近の個人的ヒットでしたが、こちらもまたちょっと違うジレンマを味わえて楽しいですね。文句なく楽しいです。おすすめ。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前サンクトペテルブルク
(Saint Petersburg)
デザイナーベルント・ブランホーファー
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間45 − 60分 年齢10歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア7.34/10 (11477票)
2004年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門ノミネート

似ているボードゲームのレビュー

「カツカレー喰ってる場合か!?」: ★★★★☆

デザイン:北条投了
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、同人、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:4~7人・10歳~
ゲームマーケット:出品

「アリスマティック 英傑伝」: ★★★★★

デザイン:kuro & Manifest Destiny
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、ゲーマーズゲーム、かわいいコンポーネント、同人
プレイヤー:3~5人・14歳~
ゲームマーケット:

「カリマンボー」: ★★★★☆

デザイン:マヌエル・ロゾーイ
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、移動・運搬、チキンレース、同時アクション、バッティング、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~7人・8歳~
2012年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ブルームサービス」: ★★★★☆

デザイン:アンドレアス・ペリカン & アレクサンダー・フィスター
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、移動・運搬、ファンタジー、心理戦・ブラフ、依頼達成、メビウス頒布会
プレイヤー:2~5人・10歳~
2015年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「ふたつの街の物語」: ★★★★☆

デザイン:マシュー・オマリー & モルテン・モンラド・ペデルセン & ベン・ロセ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、タイル配置、ネットワーク、建築、同時アクション、セットコレクション、ドラフト、バッティング、ファミリーゲーム、かわいいコンポーネント
プレイヤー:1~7人・8歳~

同じデザイナーのゲーム

「サンクトペテルブルク第2版」: ★★★★★

デザイン:ベルント・ブランホーファー & カール・ハインツ・スクミエル
どんなゲーム:カード、ボード、拡大再生産、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~5人・13歳~


人気記事一覧

最新記事一覧