Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

あなたの運を試せ!! スガスガしい程に運とチャレンじに振り切ったダイスゲーム「グリード」レビュー

      2016/01/21

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケットチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前グリード
(Greed)
デザイナーD.ウェイン・ハケット
ウォルター・L・モーガン
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★★ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間30分 年齢7歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア5.27/10 (274票)

「グリード」ってどういうゲーム?

「グリード」の紹介

「グリード(GREED)」の役は「欲張り」の意味。欲張りすぎると何も得られないという皮肉が効いた名前になっています。その名の通り、ダイスは「$」「G」「R」「E」「E」「D」それぞれの目が印字されていて、一気に振ります。それででた目で役が決まり点数になり、点にならなかった分のダイスはまた振ることが出来ます。ここで失敗して役無しになるとさっき出た役も全部無しに! グリード、欲張りは何も得られない!!

このスガスガしい程に運に傾けた感じがたまらなく好きだし、専用ダイスも凄く良い感じ。しっかりと出来ていて目もカラフル。ついつい振りたくなっちゃいます。ケースもコンパクトですし、持ち運びも楽。単純に点数を競ってもいいですし、かる~く時間つぶしに遊べるのが良いですね。

運試しに

単純なダイスゲームとして、誰でも楽しめつつ、運をここまで押し出したのもまた良い感じ。ここまで極端に尖っていると純粋に自分の運を試せますね。どこまで振るのか、というチキンレース感もまた良いです。どこまでダイスを振り役を揃えていくのか。ここの駆け引きがなんとも楽しい。

ゲームとして、先を越されると中々追い上げる事が難しいゲームでも有りますがそこはもうあまり気にせずに純粋にゲームを楽しむのがいいのではないでしょうか。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前グリード
(Greed)
デザイナーD.ウェイン・ハケット
ウォルター・L・モーガン
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★★★ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間30分 年齢7歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア5.27/10 (274票)

似ているボードゲームのレビュー

「ロストレガシー」: ★★★★☆

デザイン:カナイセイジ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、推理、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・10歳~

「三匹のこぶた」: ★★★★☆

デザイン:ローラン・パウチャイン
どんなゲーム:タイル、ダイス、シンプルなルール、直接攻撃、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・7歳~

「じゃぱらん」: ★★★★☆

デザイン:松井佐知彦
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、クイズ・知識、歴史、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・10歳~
ゲームマーケット:2016年・出品

「ねことねずみの大レース」: ★★★★☆

デザイン:マンフリッド・ルードビー
どんなゲーム:ボード、ダイス、シンプルなルール、すごろく、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・4歳~
2003年ドイツ年間ゲーム大賞:子供大賞

「ディクシット」: ★★★★★

デザイン:ジーン・ルーイー・ラウビラー
どんなゲーム:カード、コミュニケーション、プレゼンテーション、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:3~6人・8歳~
2010年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞


人気記事一覧

最新記事一覧