Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

まさにバカゲー! クリアさせる気一切ゼロ、アホな無茶ぶりを要求される「ダンジョンファイター」レビュー

      2018/02/25

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。


テンデイズゲームズ> ダンジョンファイター

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ダンジョンファイター デザイナーオーレリアノー・バオンフィノー
おすすめ度★☆☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間45~60分 年齢10歳~
プレイ人数1~6人

「ダンジョンファイター」ってどういうゲーム?

「ダンジョンファイター」の紹介

剣と魔法のファンタジー世界。勿論モンスター達は溢れ、人々は恐怖におびえていた!! あなた達はそんな世界を救う英雄と「自称」する勇者たちだ! アホな国民に英雄譚を読み聞かせ金を巻き上げていた。それを聞いた国王は激怒。国で一番手強いダンジョンを兵に見つけ出させ、あなた達を閉じ込めます。あなた達は無事ダンジョンをクリアし財宝の山で高笑いするか、死んで天使にレベルアップするか、2つに一つなのです!

ボードはでかい的みたいな感じ。そしてサイコロ。これを見たらピンと来るかと思いますが、ダイスを投げてそこに載せるのが基本的な目的です。もう準備している段階から漂うバカゲー臭。投げ方は簡単、机に一度バウンドさせてボードに載せるだけですよ。これが微妙に難しい。サイコロが角にあたったりすると逆方向にはねたりしてもう大変。

協力ゲームなので全員でどうにかするわけですが、サイコロが外れたり失敗すると容赦無い攻撃にさらされて結構頻繁に瀕死な事態になります。

まあ、これだけならまだ普通っちゃ普通なわけですが、バカゲーと言われる所以があります。

容赦無い無茶ぶりの嵐

武器や罠部屋、モンスターの特殊能力があり、投げ方を指定される時があります。これがもう酷い。他人に持ってもらいその手を振って投げる、手と手を合わせた合唱スタイルで投げる、聞き手じゃない方の手で投げる、二歩離れた位置から投げる、壁に一度当てて的に当てる、ジャンプして一回転して投げる・・・などなど。パっと聞いてもそんなん無理やろ!! という要求が平気でされます。その上で的から外れるとかなり痛い攻撃が来るのでもう大変。

クリアさせる気一切ゼロ。勇者達の能力は結構強力で、それらを使いつつどうにかこうにかやるわけですが、もうてんやわんやです。

笑える方向に振りきれ切れてない

バカゲーとして、一つ一つのルールが割と細かいのと、ダイスを振ることに対するリスクが強すぎるので笑いながらダイスを振る、という事に徹しきれない感じがあります。ダイスも共通リソースで全員で共通するので、結構協力ゲーとして頑張らないといけないこともあり、変な投げ方をしているプレイヤーを笑う、というより真剣な顔で応援します。

端から見ている分には笑えるかもですが、遊んでいると結構笑えない。

また、ラストボスもかなり強く、というか無理ゲーに近く、まともに攻略を考えるとアホらしくてやってられねえよ!! という感じになります。パーティーゲームとしてちょっとシビアすぎるし、ゲーマーズゲームとも言えないし、なんともどちらにも徹しきれていない中途半端さがあります。また、ルールも結構ガバガバで、実際どういう運用するのか迷う事も多いです。

コンポーネントが結構豪華で、見た目かなりキャッチーなだけに勿体無い。というところですね。

ただ、ここまでアホ・バカなゲームも中々無いと思いますので、一度は遊んでみるのをおすすめします。本当にこんな難易度なのか!? とびっくりするかと思います。ゲームに大騒ぎできるタイプの人、子供と一緒に遊べるゲームを探している方は手に入れて損は無いかと。若干ルールを修正する必要はあるかと思いますが・・・。


テンデイズゲームズ> ダンジョンファイター

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ダンジョンファイター デザイナーオーレリアノー・バオンフィノー
おすすめ度★☆☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間45~60分 年齢10歳~
プレイ人数1~6人

似ているボードゲームのレビュー

「私の世界の見方」: ★★★★★

デザイン:アース・ハーステトラー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~9人・10歳~
2005年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ナンジャモンジャ」: ★★★★★

デザイン:リーべディバ・アリョーナ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、絵・数合わせ、記憶、パーティーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・4歳~

「チームプレイ」: ★★★★☆

デザイン:ヨーハーネス・シュミッドアワー・コーニグ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、依頼達成、チーム、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、メビウス頒布会
プレイヤー:3~6人・8歳~

「TOKAIDO(東海道)」: ★★★★☆

デザイン:アーンターン・バウザー
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、すごろく、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・8歳~

「ストリームス」: ★★★★☆

デザイン:居椿 善久
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、絵・数合わせ、ソロゲーム、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:1~99人・6歳~


人気記事一覧

最新記事一覧