Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

本作を”ゲーム”として捉えられるかはあなた次第 じゃんけんカードゲーム?「あめりかじゃんけん」レビューと感想

   

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前アメリカじゃんけん デザイナーアメリカ人(諸説あり)
U.I games
おすすめ度★☆☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間1分 年齢5歳~
プレイ人数2~3人

「アメリカじゃんけん」ってどういうゲーム?

「アメリカじゃんけん」の紹介

カードゲーム「アメリカじゃんけん」は皆のよく知る「グー・チョキ・パー」という3つの役があるじゃんけんに2つの役を足して5役でじゃんけんを行うなんともアメリカンなゲームとなっています。

ルール概要

じゃんけんです。

ゲーム感想

本作を「ゲーム」と評して良いのかどうか。というのは非常に難しい問題だと思います。まず、ルールからしてカード1枚あって、役の相関関係しか記されていない。

で、ゲーム本体はそれぞれの役を示すカードが三枚ずつ。そう、三枚ずつ。これでどうやって遊ぶのか、ランダムに配るのか1枚ずつ配るのか、同時に出すのか順番に出すのか。アイコの時の処理は?

一つ一つの疑問が私達に問いかけを残していきます。

本作をゲームと取るのか、ツールととるのかは受け手に委ねられているのだと思うのですが、私は本作をある種、新手のプレゼンテーションゲームだと受け取りました。

本作のコンポーネント、基本ルールを使って面白い遊びを考えプレゼンして、やってみる。それが1つのサイクルとして、だれが言ったかわからないけれど必ずそういう流れになる。

こうしたらどうだろう、ああしたらどうだろうという議論とバカバカしさ、どうしようもない意味不明のおもしろおかしさがたまりません。

一ゲームは数十秒でおわるのに、本作をいじくりまわして三十分程度経過していた時は本当に私たちはなにをしているんだ、という気分になりました。

この作品にはそれだけの力があります。アメリカじゃんけんという遊び自体は元々あって、ちょっと検索すれば出てくるわけですが、それをわざわざカードにして頒布するという判断。

そしてこれを手にとった時の意味不明さ、おかしさ。

遊びの本質を感じ取れたような不思議な気分になります。面白いってなんだろう、ゲームってなんだろうメカニクスとは、ルールとは。そういうことを考えながら手にあるカードは「スポック」とか「スネーク」とかあほあほしいカード。

もうなんだか全てがアホにまみれていて、それがまた面白いわけです。

おすすめできる作品ではありません。ゲームとしては間違いなくおすすめ☆1つもつけられない。けど愛せる。頭に残る。そんなゲームです。手に取る機会がありましたらぜひとも遊んでみてください。ばかみたいですよ、ほんと。そして面白いルールを見つけたらぜひとも教えて下さい。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前アメリカじゃんけん デザイナーアメリカ人(諸説あり)
U.I games
おすすめ度★☆☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間1分 年齢5歳~
プレイ人数2~3人

似ているボードゲームのレビュー

「レッドドラゴン・イン」: ★★★★☆

デザイン:クリフ・ボーム & ジェフ・ボットン & コールドフュージョンスタジオ & コリーン・スカドル
どんなゲーム:カード、直接攻撃、チキンレース、バースト、賭け、負け抜け、中途脱落、バカゲー
プレイヤー:2~4人・13歳~

「エクスプローディングキッテン」: ★★★★☆

デザイン:マシュー・インマン & エラン・リー & シェーン・スモール
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、直接攻撃、セットコレクション、負け抜け、バカゲー、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・7歳~

「キャット&チョコレート ビジネス編」: ★★★★☆

デザイン:川上 亮
どんなゲーム:カード、プレゼンテーション、ストーリーテリング、バカゲー、パーティーゲーム
プレイヤー:3~6人・8歳~

「アノコロの俺ら」: ★★★★☆

デザイン:熊熊飯店
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、クイズ・知識、チキンレース、同人、バカゲー、パーティーゲーム
プレイヤー:2~5人・30歳~
ゲームマーケット:2012年・出品

「私の世界の見方」: ★★★★★

デザイン:アース・ハーステトラー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム
プレイヤー:2~9人・10歳~
2005年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り


人気記事一覧

最新記事一覧