Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

俺も、俺もいれてくれ―!! 様々な特徴ある動物の行列作りのカードゲーム「ビースティーバー」レビューと感想

      2016/12/12

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ビースティーバー
(Beasty Bar)
デザイナーステファン・クロー
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア6.9/10 (1355票)
BGG重量1.5/5

「ビースティーバー」ってどういうゲーム?

「ビースティーバー」の紹介

カードゲーム「ビースティーバー」は様々な癖のある動物たちが集うバーに自分の色の動物を送り込むために、うまく動物を組み合わせて並ばせるゲームとなっています。

ルール概要

 プレイヤーはそれぞれ同じカードセットを受け取り、それを自分専用の山札として持ちます。そこから手札として三枚ドローします。

 手番ではここからカードをプレイし、動物たちを並ばせていくだけ。シンプルですね。カードは用心棒のゴリラを先頭にして五頭まで並ぶことができ、先頭の二人はゴリラが通してくれますが、一番後ろの1頭は蹴り返されてしまいます。

 そうならないために、動物たちの特殊能力を使ってうまく自分の動物がバーに入れるように先頭に割り込んでいきます。

 オウムなら他の動物の能力のコピーができる、ワニは他の動物を食いながら進む、シマウマは前の動物を飛び越えて前にいってしまうなどなど。

 これを繰り返し、一番多くバーに動物を入れたプレイヤーの勝利となります。

ゲーム感想

 ゲームルールはすごくシンプル。カードを一枚プレイしてその効果を適応。列が五人になったら誰が入れるのかを判定。

 というわけですがこれが中々難しい。特に「五人並んだら誰が入れるか判定する」というのが厄介で、五人目をプレイできるタイミングだと中々先頭にいけず、他のタイミングだと入れる時にはどこにいるのかわからない。

 癖のある能力の動物たちをいかにプレイしていくのかがすごく重要になります。

 また、絡みが強烈で、誰がどれだけ動物を入れているのか覚えておく必要があります。ここが曖昧だと思わぬ攻撃を食らったりしてしまって。

 とはいえ基本的にはシンプルにわいわい楽しむゲームなのかなと思いました。ぶっとんだ効果の動物たちをバーンと出しちゃう面白さ。なかなかいい感じだと思いますよ。

 ガチで遊ぶことも、カジュアルに遊ぶこともできちゃうゲームと言えるのではないでしょうか。イラストも中々パンチが効いていて、こういうフレーバーが好きな人には楽しめる作品だと思います。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。

名前ビースティーバー
(Beasty Bar)
デザイナーステファン・クロー
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数2~4人 BGGスコア6.9/10 (1355票)
BGG重量1.5/5

似ているボードゲームのレビュー

「ブロックス」: ★★★★★

デザイン:バーナード・タビシャン
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、パズル、陣取り、エリアマジョリティ、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~4人・7歳~
2002年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ストリームス」: ★★★★☆

デザイン:居椿 善久
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、絵・数合わせ、ソロゲーム、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:1~99人・6歳~

「アイスクール」: ★★★★★

デザイン:ブライン・ゴメズ
どんなゲーム:カード、スポーツ、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・6歳~

「ごきぶりポーカー」: ★★★★☆

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム
プレイヤー:2~6人・8歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「カタンの開拓者たち 限定3D版」: ★★★★★

デザイン:クラウス・トイパー
どんなゲーム:カード、ボード、ダイス、陣取り、ネットワーク、建築、箱庭、歴史、交渉、拡大再生産、ファミリーゲーム、豪華なコンポーネント
プレイヤー:3~4人・10歳~

同じデザイナーのゲーム

「スプーキーズ」: ★★★☆☆

デザイン:ステファン・クロー
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、チキンレース、レート、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~5人・8歳~


人気記事一覧

最新記事一覧