Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

新しくなったphotoshop CC 2019の「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能をためす

   

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

photsohopが新しくなり、様々な機能が追加されました。ルールブックを和訳したりしちゃう我々にとっては、人工知能が搭載され賢くなった「コンテンツに応じた塗りつぶし」機能が超目玉機能となります。

他にもイラレのパペット機能が強化されて簡単にキャラクターなどのポーズを変更できたり、文字の確認がしやすくなったり、グラデーションが自然になったりと、いろいろあるみたいです。

とまれ、今回はphotoshopであります。

こういう感じでルールブックがあります。このまま大雑把にくくって、「コンテンツに応じた塗りつぶし」をしちゃうと、

こんな感じで背景パターンを探すためにいろいろな所から拾ってきてつなげてくれちゃうため、文字を背景として拾ってきちゃうんですよね。これが今までのコンテンツに応じた塗りつぶし。今までだと、文字だけ選択して塗りつぶしとかしてました。

そこで、上部メニューから「編集>コンテンツに応じた塗りつぶし」とすると、専用画面になり、背景サンプリングのための領域を指定できるようになります。これでいい感じのところだけ拾ってきてカスタマイズできるわけですよ。

まあ適当にぐりぐりっと指定しなおしてっと。

きれいに消せました!!

スキャンしてきたカードとかも、

うーんいい感じかも。

これまでの方法も含めた新たな時短テクの1つとして、マスターしたいところですね!

所感としては、もともと風景とかに使用する機能ですので、ボードゲームのルルブとはちょっと相性が悪いかな、というイメージ。それでもかしこくなったのは結構実感できますので、ガシガシ使ってあげるのが良いかなあって思います。


人気記事一覧

最新記事一覧