Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

NEWS : ゲームマーケット支援ツール「ゲームマーケット作品まとめてチェックするやーつ」を作りました。

英語ルールpdfから翻訳用txtファイルを作る

      2018/02/25

ルールブックを翻訳するために、英語ルールpdfファイルからテキストファイルを作りましょう。

その他のハウツーはボードゲームルール翻訳に必要な手順総まとめ – Board game every dayでどうぞ。

基本的に翻訳は「翻訳ソフト」を使用していくわけですが、この時、読み込める形式が限られていますので、取り回しも考えてtxtファイルで作っておくと良いです。

探し方

基本的にはグーグル先生で検索します。

「ボードゲームタイトル名 boardgame eng rule pdf」などとキーワードを設定すると、結構すぐに見つかります。

この時、公式サイト、キックスターター、bggといったサイトが引っかかります。キックスターターのページでルールを拾うのは注意が必要です。キックスターターで公開されているルールは、ゲームが未完成の時のプレルールであることが多く、製品版のものとは異なっている場合があります。公式サイトやbggではきちんと最終版で出ていることが多いので、こちらで探すと良いでしょう。

Scythe boardgame rule eng pdf – Google 検索

例えばこれは「大鎌戦役」のルールを検索した結果です。

一番最初に公式サイト、2つめに「最終ルールはどこ?」というbggのフォーラムが見つかります。少しgoogleサイト翻訳にでも任せると軽くどういう文章かもわかりますので、すぐ本体を見つけることができますね。

テキスト化

さて、pdfファイルをダウンロードできました。「大鎌戦役」は既に日本語ルールも公開されており、今更、翻訳する必要性は一切ありませんが、練習だとわりきれば、答えがある教材としてちょうどいいのではないでしょうか。

これが英語ファイル(の一部)ですね。あとはこれをコピーしてテキスト化していくだけ。

こんな感じですね。この時、pdfファイルをそのままコピーすると文章が途中で改行されてコピーされます。翻訳する時に手間取ることになるので、私はこの改行をきちんと取ることをおすすめします。

また、見出しの前は二回くらい改行でわざと開けておくと、実際にルールブックを作る時にどこが見出しか、どこで区切られているのかわかりやすいです。英語だと全てを大文字にする、などで区別出来るのですが、日本語はそれができないのでこういった工夫が後々役に立ちます。

scythe_eng_rule

特に中身はありませんが、ルールブック1ページ目だけのテキストファイルを置いておきます。


人気記事一覧

最新記事一覧