Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

お世話になってるサイコロ堂さんの通販ボードゲーム

ミニチュアペイント ― シェードで全体の色を馴染ませリアル感を出す

   

ベース、ディティールのペイントが終わったらシェイドです。最終工程になります。

今回私がやっている「イマジナリウム」のフィギュアは短時間でお手軽に、程度でやっていますので、ベースを塗って細かいワンポイントに手を入れて最後にシェイドをして完成になります。

細かくやろうとすると、金属のかすれ表現や髪の光沢、肌の化粧処理などなど、どこまでも拘れるのですが、今回は省略ってことで。

シェイド

シェイドは隠蔽力があまりなく、薄い塗料です。水っぽいのが特徴です。

これを筆につけてぬります。溝に塗料がたまり、溜まった量によって最終的な色の付き具合が決まります。このおじいちゃんだと額の皺、目元にたまっているのがわかります。

コツとしては、結構たっぷりめに塗って大丈夫です。極端に水たまりのようにならなければ、溝にある程度たまるまで塗料をつけておくと良いです。多めでも、凸部分は横に流れますので、きちんと明暗わかれてくれます。

1色のシェイド塗料を全体に塗っても良いのですが、部位によって肌色系、赤系、緑系なんて細かく分けて塗ると全体が引き立ちます。

別フィギュアの洋服もこんな感じ。赤単色だとのっぺりしますが、襟部分などの溝が深い部分に多めに塗り込んでいます。

あとは乾かすだけ、ですが、シェイドは水っぽく乾くまで時間がかかりますので、しばらく放置しましょう。理想は一日待っておくと良いかと思います。

完成を見る

塗ったばかりだと少し違和感があったりしますが、1日、2日たって見ると全体に落ち着き、お互いの色が馴染んできます。簡単に塗ってきましたが、それだけでも結構満足度の高いものになります。

ゲームを遊ぶときもちょっと雰囲気違ってつい触りたくなってしまいますよ。

ボードゲームのミニチュアペイントは、遊ぶためのモチベーションアップにも、息抜きにも、別の趣味としてもオススメです。最近はフィギュアつきのゲームも増えてきましたので、是非チャレンジしてみてくださいね!


人気記事一覧

最新記事一覧