Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

かわいいパンダがもりもり笹食うファミリーボードゲーム「タケノコ」レビューと感想

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前タケノコ
(Takenoko)
デザイナーアントワーヌ・ボウザ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45分 インスト時間10分
年齢8歳~ プレイ人数2~4人
BGGスコア7.36/10 (12466票)

各ボードゲーム賞

  • 2011/2012年オーストラリアボードゲーム賞ベスト国際ゲーム部門ノミネート
  • 2012年フランス年間ゲーム大賞ノミネート
  • 2012年フランス年間ゲーム大賞
  • 2012年ゴールデンギーク賞ベストボードゲームアートワーク・プレゼンテーション部門ノミネート
  • 2012年ゴールデンギーク賞ベストボードゲームアートワーク・プレゼンテーション部門大賞
  • 2012年ゴールデンギーク賞ベスト子供ボードゲーム部門ノミネート
  • 2012年ゴールデンギーク賞ベストファミリーボードゲーム部門ノミネート
  • 2012年チェコ年間ゲーム大賞ノミネート
  • 2012年イオタベストファミリーボードゲーム部門ノミネート
  • 2012年ルリス賞ファイナリスト
  • 2012年ルリス大賞
  • 2012年オランダ年間ゲーム賞ノミネート
  • 2012年オーストリアゲーム賞ファミリー部門推奨リスト入り
  • 2012年トリックトラック賞ノミネート
  • 2013年ゲーム・マガジン賞新作ファミリーゲーム部門大賞
  • 2013年(イタリア)理想的なおもちゃ賞オフィシャルセレクション大賞

「タケノコ」ってどういうゲーム?

「タケノコ」の紹介

ボードゲーム「タケノコ」はかわいいパンダ駒が動き回る中で竹を育てたりフィールドを広げたりするファミリーゲームになっています。

写真は今回遊んだ巨大版。巨大版への言及は他でやるとして、今回はゲーム自体のレビューと感想にしたいと思います。

テーマとしては、日本が中国との有効の証として送られた神聖なる動物を御世話する庭師になるという、日本人からするとブラックというか、ニヤリとするものになっています。庭師はせっせと竹を作り、パンダは黙々と笹を食べるというなんともかわいらしく、同時にどこかおかしなゲームに仕上がっていると思います。

まず、中央に池タイルがあり、ここからフィールドが広がります。カルカソンヌのようなタイル配置ゲームなわけですね。タイルを配置するルールは基本的に地続きで他のタイル二つと隣接していれば良く、開始タイルである池やそこから引っぱった水路に隣接していると竹が自動的に生えてきます。

水がひっぱられた土地に庭師を動かせば竹が生え、竹が生えた土地にパンダが移動すると竹を食べる。基本的には直感的でシンプルなルールをしています。

そしてこのゲームの目的はパンダの御世話と庭の手入れと竹の育成、というわけでそれぞれに対応した三種類の目標カードがあります。パンダが食べた竹によって点数になったり、土地を整備したら点数になったりと基本的に全ての要素がポジティブに働きますので家族で楽しく遊ぶ事が出来ます。

一見パンダが竹を食べるのはお邪魔要素に見えますが、このゲームではあえてポジティブな要素をとして受け取っているのがユニークだと思います。

また、手番の最初にはサイコロを振り、それによって様々なイベントが発生します。それらも特に不利益が発生することなく、メリットのあるものですので楽しくサイコロを転がす事が出来ます。

依頼カードはそれぞれ手元に隠し持っていますし、お互いが邪魔をするような要素は特にないです。何かを失ったり相手を攻撃するといった要素もないため、そういうった事に敏感な人でも楽しく遊べるでしょう。

タイルには効果がついているものがあったりして、それもまたゲームに変化をもたらします。毎回変わるマップ、色々試せる戦略と、何度も繰り返し楽しめる配慮が嬉しいですね。

ゲーマー的に見ると、効果が変わりすぎるサイコロ、引いた瞬間に達成できる可能性のある依頼達成カードとちょっとランダム要素が多く真剣に取り組む人には逆転要素が大きすぎるように感じるかと思います。ファミリーゲームとして、家族や友達と軽く遊ぶのに適しているゲームといった所でしょうか。

かわいいゲームはもちろん、ほどよく戦略的なゲームを楽しみたい、子供と一緒に遊ぶゲームを探しているという方にはピッタリな作品ではないでしょうか。竹を育てるだけで楽しくなってくるゲームです。お勧めですよ。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前タケノコ
(Takenoko)
デザイナーアントワーヌ・ボウザ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★★☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間45分 インスト時間10分
年齢8歳~ プレイ人数2~4人
BGGスコア7.36/10 (12466票)

似ているボードゲームのレビュー

「タケノコ巨大版」 : ★★★★★

デザイン:アントワーヌ・ボウザ
どんなゲーム:タイル、ダイス、タイル配置、移動・運搬、依頼達成、アクションポイント、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・8歳~

「エスケープ」 : ★★★★☆

デザイン:クリスチャン・アムンゼン・オストビー
どんなゲーム:タイル、ダイス、シンプルなルール、移動・運搬、絵・数合わせ、依頼達成、リアルタイム、協力、バカゲー、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:1~5人・8歳~
2013年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ストーンエイジ・ジュニア」 : ★★★★★

デザイン:マルコ・トイブナー
どんなゲーム:タイル、ボード、シンプルなルール、移動・運搬、建築、依頼達成、記憶、すごろく、移動先アクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、かわいいコンポーネント、メビウス頒布会
プレイヤー:2~4人・5歳~
2016年ドイツ年間ゲーム大賞:子供大賞

「フラッシュポイント」 : ★★★☆☆

デザイン:ケヴィンランジング
どんなゲーム:ボード、ダイス、フィギュア、シンプルなルール、移動・運搬、すごろく、アクションポイント、協力、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:1~6人・10歳~

「キャンディ工場」 : ★☆☆☆☆

デザイン:ギュンター・バース
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、移動・運搬、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・5歳~

46個の似ているゲームを全て見る

デザイナー「アントワーヌ・ボウザ」の他のゲーム

「世界の七不思議」 : ★★★★☆

デザイン:アントワーヌ・ボウザ
どんなゲーム:カード、ボード、建築、同時アクション、セットコレクション、ドラフト、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~7人・10歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:エキスパート大賞

「タケノコ巨大版」 : ★★★★★

デザイン:アントワーヌ・ボウザ
どんなゲーム:タイル、ダイス、タイル配置、移動・運搬、依頼達成、アクションポイント、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・8歳~

「世界の七不思議:デュエル」 : ★★★★☆

デザイン:アントワーヌ・ボウザ & ブルーノ・キャサラー
どんなゲーム:カード、建築、歴史、拡大再生産、セットコレクション、二人対戦、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~2人・10歳~


 - レビュー