Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

ボードゲーム「ランペイジ」和訳ルール

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ランペイジ デザイナーアントワーヌ・ボザ
おすすめ度★☆☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間45分 年齢10歳~
プレイ人数2~4人

ボードゲーム「ランペイジ」は怪獣になって街を襲い、食べた市民の数を競うアクションゲームです。こう書くとなんのこっちゃですが、ミープルとタイルで建物群を作り、そこに木の駒でできた怪獣をドカーン、ドゴーンとぶっ飛ばしてミープルをはじいて、それが点数になるというなんとも子供が大喜びしそうな感じのゲームです。

木でできた大きな怪獣コマがとにかく特徴的。大味すぎるルールとぶっとんだバランス調整が逆に良い、ドイツゲームらしいドイツゲームです。盛り上がること間違いなしのバカゲーという感じでしょうか。ゲームとして真面目に考えちゃいけません。感じるんです。そして怪獣になりきってミープルたちをどかんどかんとけちらすんです!

Japanese rule | Terror in Meeple City | BoardGameGeek

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ランペイジ デザイナーアントワーヌ・ボザ
おすすめ度★☆☆☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★☆☆☆☆
プレイ時間45分 年齢10歳~
プレイ人数2~4人


 - レビュー