Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

ゲームマーケット2016秋前日、サイコロ堂店長と共にコロコロ堂へと乗り込み屈辱をはらすための戦いをするレポ

      2016/12/14

というわけで、ゲームマーケット参戦前日に東京にあるコロコロ堂に突撃しボードゲームで対決することになったので私もついでに遊びに行きましたよ。


コロコロ堂

ちなみに前回は「ハゲタカのえじき」で勝負を挑み見事に惨敗したそうです。うける。

実際にお邪魔してみると、なんとも落ち着いた雰囲気のお店でゆっくりとくつろぐことができる空間になっておりました。東京メトロ、根津駅に降りてすぐ見える場所にありますのでアクセスもし易いのがいいですね。秋葉原も近くてちょっとボドゲ買いに行くついでによろう、なんてお邪魔しやすくなっております。

店員さんもこちらのお願いに快く応じてくれる気さくな方々で大変親しみやすかったですよ。そういうわけでリベンジにも気軽に応じてくれ、前哨戦はおはじきゲーム「ファストラック」で対戦。ゴムでおはじきを相手の陣地に全て飛ばし入れれば勝ちというシンプルなゲームで、すぐに理解して楽しむことが出来る楽しいゲームでした。

敗北。途中までは優勢だったものの、コロコロ堂さんが4連続でおはじきのシュートに成功して一気に形勢逆転。そのまま押し切る形でありました。やはり経験値の差か、コロコロ堂さんにあるアクションゲームでは不利だなと作戦会議をする我ら。ここはあれですよ、チームワークがいかせ、戦略性がある程度あり、私達にもある程度経験のあるゲームをチョイスする必要があります。

というわけでリベンジ戦本番。今回は必ず勝つという意気込みを見せ、相手にプレッシャーを与えるために、今話題となっている作品である「大鎌戦役」を持ち込み勝負を挑みます。左上が私です。完全に目が死んでますが気にしないでください。ここで決め角度する余裕があるサイコロ堂店長にイラついてるわけではありません。

というわけで勝負は「ごいた」に。これなら我らにも幾らかの経験値があるはず。サイコロ堂でも定期的に遊ばれております。私は若干うろ覚えですが、サイコロ堂店長なら問題ないはずです。

ファミリーゲーム「ごいた(GOITA)」レビューと感想|Board game every day

なんでや。なんで私のカードをサイコロ堂が受けるんじゃ。チーム戦やぞ。

さっくりと王を出され、手札運もあり完封されっぱなし。流れは完全にコロコロ堂。これはまずいぞという事で作戦会議をすることに。と、ここでサイコロ堂店長が一言。

まじか。

ごいた」は将棋のコマ配分を使ったトリックテイキングのようなルールをしており、親番プレイヤーの出したカードについて同じカードで受けるか受けないかを選択していくシンプルなゲームとなっています。詳しい説明は避けますが、無言によるコミュニケーションが大切になってきます。味方が出したカードについて、自分の手札をあわせてカウンティングを行い、そのままパスするか、あえて受けるのか。敵チームにはどのようなカードがあるのか、今このカードを出した意図はなにか。

そういう思考を全員が行い、連携を組み上げていくのが楽しいゲームとなっています。

というのをこんこんと説明する私。横で「今更?」と呆れるコロコロ堂さん。仕方ないじゃない。私もうろ覚えでちょっと遊んで今思い出したんだから。数十分基本的な戦略や起こりうる状況を考え、逆転目指し勝負を再開する。

結局ストレートで惨敗。まあ、ごいたは運の要素がどうしても強いですし、こういうこともあります。一ラウンド勝負ではどうしてもさくーっと終わっちゃうわけで、カードゲームは基本的にプレイヤー人数分ラウンドを繰り返して勝敗を決めることが多いですし、これが我々の実力なわけない。つまり俺達が負けたわけじゃない! と散々負け惜しみを吐き捨てて逃げるようにコロコロ道を離脱。

盛大に道を間違えつつも帰路についたわけです。

というわけで、素敵で親しみやすいプレイスペースであるコロコロ堂さんへと大鎌戦役を投下してまいりました。どういうゲームなのか気になる、遊んでみたいという方はこの機会にぜひとも遊びに行ってはいかがでしょうか。楽しいゲームですよ。箱裏にはサイコロ堂の名刺もあります。

沖縄に旅行にでも行く際にはぜひともサイコロ堂にもお立ち寄りくださいませ。「ごいた」でことごとく味方のカードを受ける奴が待ってると思いますよ。当サイト管理人である私もまたダラダラしているかもしれません。

1988年ドイツ年間ボードゲーム大賞ゲーム部門推奨リスト入りパーティーカードゲーム「ハゲタカのえじき(Raj)」レビューと感想|Board game every day

ファミリーゲーム「ファストラック(Fastrack)」レビューと感想|Board game every day

歴史・SFボードゲーム「大鎌戦役(Scythe)」レビューと感想|Board game every day

ファミリーゲーム「ごいた(GOITA)」レビューと感想|Board game every day

アナログゲームショップ「サイコロ堂」

コロコロ堂


 - コラム