Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

サクサク遊べるテンポ感が楽しい二人対戦カードゲーム「ジャイプル」レビューと感想

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ジャイプル
(Jaipur)
デザイナーセーバースチャング・ポーチョン
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30分 年齢12歳~
プレイ人数2~2人 2010年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

「ジャイプル」ってどういうゲーム?

「ジャイプル」の紹介

ボードゲーム「ジャイプル」は各種商品を取引しながら勝利点を稼いでいくシンプルな二人対戦カードゲームです。

多数のチップ、そして数字もない柄だけのカード。見た目だけでもシンプルさがわかりますね。

ルールは凄く簡単で、カードをプレイしてチップを得るか、ドローするか。ドローには二種類あって、場に出ている五枚のカードから一枚ドローするか、もしくは手札から指定枚数交換するかです。

カードは一枚からプレイできるのですが、三枚以上一度に同じ絵柄をプレイすると同時プレイの特典としてこれまたチップが貰えます。それぞれのチップは一番最初が高得点で、取れば取るほど点数が下がっていく形。

手札の上限枚数は7枚で、それ以上のカードを所持する事は減速できないのですが、例外がラクダのカードで、これは交換用のリソースとして持つ上限を超えて持つ事が出来ます。このラクダカードや諸々の手札を使ってチップを取りながら勝利点を稼いでいきます。

ハンドマネジメントが凄く大切なカードゲームになっていて、もちろん手札運もあるのですが、ラクダカードなどの要素により戦略要素もある程度確保出来ています。

なによりサクサクっと遊べる軽快なテンポが楽しいです。

また、ゲームは一度で終わらずに数度繰り返して二回先に勝った方が勝利となります。これによって実力が入り込む余地が多分にあるわけです。

テンポも相まって中々に痺れるゲームだと思います。互いに手札を考えつつ、カードを手繰っていく感じはクセになります。小難しい要素もなく、ルールに枝葉も少ないのも良いですね。

ただし、ラウンドを繰り返す度にコンポーネントを配置し直すにはちょっと面倒くさいですかね。とはいえこれを面倒くさいといったらドミニオンなども面倒くさいですし、これがプレイアビリティの低下になっているとも思えませんし、問題無いレベルかなと思います。

楽しいゲームです。二人対戦ゲームを探していて、直接攻撃もなくサクサクっと遊べる物をさがしているなら間違いなくオススメでしょう。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ジャイプル
(Jaipur)
デザイナーセーバースチャング・ポーチョン
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★★☆☆
プレイ時間30分 年齢12歳~
プレイ人数2~2人 2010年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

似ているボードゲームのレビュー

「バトルライン」 : ★★★★★

デザイン:ライナー・クニツィア
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、数字比べ、交渉、セットコレクション、二人対戦
プレイヤー:2~2人・10歳~

「パゴダ」 : ★★★★☆

デザイン:アーブ・ディー・ファラー
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、建築、アクションポイント、二人対戦
プレイヤー:2~2人・8歳~

「ローゼンケーニッヒ」 : ★★★★☆

デザイン:ディルク・ヘン
どんなゲーム:カード、ボード、シンプルなルール、陣取り、移動・運搬、直接攻撃、二人対戦
プレイヤー:2~2人・10歳~

「カエルタベル」 : ★★★☆☆

デザイン:佐藤剛士
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、二人対戦、同人
プレイヤー:2~2人・6歳~
ゲームマーケット:出品

「宝石の煌き」 : ★★★★★

デザイン:マーク・アンドレ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~
2014年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

177個の似ているゲームを全て見る


 - レビュー