Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

文明拡大ゲーム「ヒストリア」適当攻略

      2016/01/21

ヒストリアを遊んでいて、のほほんと思った事を少し。

例によって適当プレイの適当攻略ですので、あまり気にしない方が良いです。

ワンダーゲー

このゲーム、直接的に点数に結びつく行動って軍事行動かワンダーしか基本的にない。軍事行動では相手から点数を吸うか、コマの除外なわけだけれど、それで得られる点数は6点程度。ワンダーを効率良く集める事ができれば安定して点数を稼ぐ事ができる。それもアクションを消費する事なく、だ。

とかんがえると、ワンダーがある程度集まってきた段階で軍事力の増強はあえて捨て、世界地図から姿を消すという選択肢はアリ。科学力は偉人や手札プレイ枚数が増えるためひたすら増強に走る必要があるが、軍事力は上がった所で一時的なリソースやドロー効果しかない。労働力であるキューブも、効率よくワンダーを集める事ができていれば消費せずに行動が可能だ。

そしてワンダーに走っている段階では、科学力もまたそこまで極端には必要ない。ワンダーを獲得するのに必要なカードをコンスタントに回すため、あえてプレイする枚数を制限し、確実にワンダーを集めていくという戦略もアリだと思う。上手くハマれば、一ラウンドで20点以上の点数を稼ぎだす事ができる。

あとは配られる目標カードの達成をひたすら目指す。

後手番は不利ではない

点数により後手番に回されるわけだけれど、全員が全員初手からワンダーを取りに行くわけではない。ドローのタイミング、行動、優先順位色々な要素が絡んで来る。まあワンダーが補充されたタイミングでは基本的には確実にワンダーはゲット出来ると思う。

また、点数をリードしていて、ワンダーをある程度確保できている状況なら後手番というのは色々と都合がいい。特に、二番手移行が軍事力に走っている場合だ。軍事力に走っているということは、地域独占による加点を狙っているということでもある。最後に地域拡大によって駒を置くことで、指定した場所の地域独占を阻止できる。これは強い。意図的に特定のプレイヤーの加点を阻止できる。しかもある程度文明が発展していれば、地域拡大で利用するキューブは使用済みストックから使う事になるので、リソースは吐き出さないで済む。

軍事力を強化していない場合、他方から狙われる可能性はあるが、逆に言えば、常に労働力が使用済みストックに他のプレイヤーよりも多く待機しているということでもある。ワンダーには労働力をゲームから除外して使用するものもある。それらを最大限に使い、点数加点を加速させる。

侵略によりこちらの駒を除外されると言っても、実際そんなことをしている間に他の人に軍事力で追い抜かれる事態になりかねない特にゲーム中盤は、軍事力の増強に追われて駒の除外どころではない。ライバルは沢山居て、自分も排除の標的になりかねない状況で軍事力を伸ばしていないプレイヤーを攻撃するのは優先度が低くなりがちだ。要所要所でチョロリと顔を出し、邪魔をしつつ排除されたら排除されたで気にしない。結局のところ世界地図上では様々なプレイヤーが一つの地域にひしめき合うため、独占で加点するのはかなり難しい。

軍事力で走っているプレイヤー同士は実力が均衡しがちでお互いに排除出来ないし、それぞれがどんどん領域拡大していく。

科学力をひたすら

ワンダーを集めるにしろ、軍事に走るにしろ、基本的には科学を再優先で上げていきたい所。科学を増強するとプレイできるカードが増える。せめて2枚プレイできるようになるまではひたすら上げる。3枚プレイ出来るようになり、その時点でワンダーがある程度集まっていたら、あとはもうひたすら革命を毎回起こして確実に指定手札回収しつつ自分のしたいアクションだけを行い続け、相手の行動を制限していく。

一度リードできる状況になったら後はひたすら点数を稼ぐ。となるとやっぱりワンダーが決め手になる。このゲーム、科学力を上げてワンダーで殴るゲームに見えてくる。まあ実際そうなんだろうなと思う。一度遅れると追いつくのは難しいこのゲーム。スパット諦めて路線を固定できるとやっぱり強い。手札があるからと無尽蔵にアクションしていくと、次のラウンドアクションができなくなる。科学力をある程度上げて、行動指針が固まったらあとはもうひたすらそこを目指す。手札の回転を意識して、毎回一つは絶対に使えるアクションが残るようにしておく。

全体行動指針

とりあえず科学力。ひたすら科学力。それで2枚カードがプレイできるようになったら全体の指針を確認する。軍事力を上げているのは何人居るのか、地域支配はどうなっているのか。自分のワンダー回収率はどうか。ある程度の人が軍事力に走っているなら軍事力はこの時点で諦め、科学力にそのまま走る。競争に参加できそうなら軍事力をあげるのもまたいいだろう。

逆に、誰も軍事力を上げていないなら、ここでひたすら軍事力に傾けるというのもまたアリかと思う。一気に地域支配し点数を稼ぐ・・・が、先程も言った通り地域支配の点数は中々取れない。ラウンドで行える侵略も一度切りだし、労働力の最大値が下がる。効率が良いとは言えない。やはり科学力をひたすら高めていくのがいい気がする。それにより偉人とプレイ枚数を増やしてワンダーを取っていく。

点数的にあえて沈み、前半はワンダーを集める事に終始するのもまたいいだろう。点数をいい感じに調整して、先手番か真ん中くらいを維持し、ワンダーをひたすら効率よく集める。

やっぱりこのゲーム、文明を拡大していくゲームではなくて、文明成長率を調整してワンダーを集めるゲームに見える。拡大再生産の部分もワンダーに集中しているし。


 - 攻略