Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

理想の彼女を育ててゲット! ゲスい恋愛劇をお手軽に楽しめるカードゲーム「ゲットスイートラブ」レビュー

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ゲットスイートラブ デザイナーちゃぴ
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間30~40分 年齢14歳~
プレイ人数2~4人

「ゲットスイートラブ」ってどういうゲーム?

「ゲットスイートラブ」の紹介

「ゲットスイートラブ」、略して「ゲスラブ」は、カードの配置によって女の子の属性を決め育成し、最終的にどの娘とおつきあいをするのか。というなんともゲスいラブ生活を楽しむカードゲームです。

ゲームはまず、場に数枚の女の子カードを出すところから始まります。そこに全員で1枚ずつカードを出していきその娘がどういう属性を持っているのかというのを設定していきます。属性カードには様々な効果があって、それによってどんどんゲームが展開されていきます。

女の子カードの斜め方向には裏向きで配置、縦横には表で配置というわけで、最終的に点数的にどの娘が上なのかというのがわからなくなり、最終的にどの娘とおつきあいするのか。というのにちょっとしたジレンマが生まれるようになっています。

最後にどの娘と付き合うのかというのを指さしで選び、全員に担当する彼女が出来たら点数計算。という感じですね。

いやあ、ゲスいですね。良い感じです。まずコンポーネントであるカードイラストがとてもかわいいですね。さらには属性カードもなんともアレげな感じの要素揃いでニヤけてしまいます。

一見エリアマジョリティに見えますが、実はシンプルなセットコレクションです。どの娘にカードをおいても結局の所最後の投票でだれがどの娘と付き合うかが決まるため、「ひたすら目当ての女の子に良い要素を送り込む」もしくは「ひたすら悪い要素を送り込むか」の二極化になりがちになります。

裏向き設置、表向き設置というのも最初はおお、っと思いましたが結局の所それがゲームにどこまで影響するのかというと微妙な所でしょうか。カードの効果も特定のカードとセットで初めて効果を発揮する物がちょこちょこあるため不発に終わることも多いです。

属性カードに名称以外に5要素くらいをつけて、それらに合致すると効果を発動や、隣り合った要素で影響が出るなどの効果の方が最後の驚きもでてきたかなという所。

また、初手から好みの女の子をまず選ぶというのもあり、素直にプレイするとひたすら自分の女の子をよくするためにカードを出し続けるソロゲーと化すという場も。ゲームとして、ちょっとプレイに盛り上がりがかけるかなと思いますが、ゲーム全体の雰囲気は大変好みですしニッチな所を狙ってきてて良いゲームだなと思います。まさに同人ゲームという感じですね。

プレイにしてもゲームにならないわけではありませんし、しっかりとジレンマも組み込まれています。カードを設置するとチップを置き、最終的な投票でバッティングチップの価値が大きい方が勝ちというのも、どうしても指定の女の子をとりたかったらずっと目当ての女の子にチップをかければいいわけで、その点がエリアマジョリティと言えなくも無いのですが、もっとこのチップが点数に絡んでも良いのかなと言う所。ここに単純に点数倍なんてルールがあると、沢山チップおいてて倍々で増えるはずなのに要素的にはプラスが小量なので最終的には負ける。なんて絡みがあるともっとカード設置に戦略的な意味が出てくるのかなと言う所です。

最終的に全てが開示されると、点数計算どうのこうのよりも「俺の彼女かわいいだろ」合戦になるのがなんとも面白いですね。「カード的にはマイナス要素だけれど私にとってはご褒美です」なんてわけわかない事を言い出したりして中々に盛り上がります。

ルールもシンプルだしプレイ時間も短いので、サクサクっと遊べつつイラストもかわいいので受けは良いゲームかと思います。勝敗を気にしないカジュアルな場面でちょっと毒のあるゲームを、という感じで遊ぶと盛り上がれる感じですね。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ゲットスイートラブ デザイナーちゃぴ
おすすめ度★★★☆☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間30~40分 年齢14歳~
プレイ人数2~4人


 - レビュー