Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

ゲームマーケット2015秋、個人的注目ボードゲーム作品まとめ

      2018/02/25

今回もゲームマーケットの季節がやってきます。面白そうなゲームが沢山出店されますね。というわけで今回もこれはっと思う物をいくつかピックアップしてきました。開催までに随時更新していきます。

ゲーム選びの基準にどうぞ。

また、過去のゲームマーケットに出品してあるだろう作品についても、私が初見であるならば構わず掲載しています。

私個人の好みとしては、短時間系、コミニケーション系、パーティー系のゲームを選ぶ傾向がありますので、それも踏まえてご覧ください。

毒の王冠 – AHC/居眠りの街


毒の王冠 | AHC/居眠りの街 |『ゲームマーケット』公式サイト

正体隠匿系のようですが、じわじわとゲームが進行していくようで面白そうですね。それぞれの役職ごとに目標があるようで、その目標に合わせながら全員でだれに毒を盛るのか投票。それが開示された後は毒が盛られたプレイヤーは自分に投票したプレイヤーを探して報復する。あまり一人に票が偏るとそれもダメで、投票したように見せかけて実は違う。なんていうブラフ合戦が繰り広げられそうで面白いですね。

髑髏と薔薇と人狼が混ざったような感じでしょうか。時間も短めになっていますし、人数もほどほどという感じですね。

集団面接 – ひとじゃらし


集団面接 | ひとじゃらし |『ゲームマーケット』公式サイト

誰もが一度は経験したことがあるであろう企業面接をテーマにしたロールプレイ系のゲームなのでしょうか。

集団面接(Group Interview) – Table Games in the World – 世界のボードゲーム情報サイト

レビューもこちらにあるようですね。何の面接かを告知してスタート。皆がアクションしてそれの点数を見ながら自分も高得点を目指すように推理しつつアクションする。中々楽しそうでも盛り上がりそうですね。プレイ人数も多めでとても良い感じです。

知ったか妖怪百物語 – 豚小屋&いかが屋


知ったか妖怪百物語 | 豚小屋&いかが屋 |『ゲームマーケット』公式サイト

架空の妖怪を知ったかで語るというなんとも単純なプレゼンテーション系のゲームみたいですね。カードには様々な情報が書かれていて、それを元に説明するのでしょうか。それとも皆で作っていくのかな? 何にしても、中々面白そうです。時間も短めだし、さらには「知ったか」シリーズとして色々なバージョンが出ているようですね。面白そうです。

ラストセブンデイズ – ManifestDestiny


ラストセブンデイズ | ManifestDestiny |『ゲームマーケット』公式サイト

一人用ソリティアゲーム。ループ物ADVを題材にしているようですね。シビアな難易度設定との事で、やり応えがあるゲームになっているようです。中々面白そうですね。一人用ゲームって持っていなかったりするのでちょっと興味がそそられます。テーマもイイですしイラストも中々良い感じ。日英同梱とのことで、二セットのカードが入っているのもお得感がありますね。これを使って二人で間接的な対戦ができるとのことで、それもまた楽しそうです。

猖獗少女病 The Terrifying Girl Disorder – ManifestDestiny


ラストセブンデイズ | ManifestDestiny |『ゲームマーケット』公式サイト

雰囲気がとにかくイイですね。ハンドマネジメント系といいつつ、結構複雑なゲームになっているようです。毎回得点源が変化する感じでしょうか。最近流行でもある種族別プレイスタイルによるゲームプレイに似た要素もありそうでなんとも良い感じですね。自分の正体を探すとか、全体的に厨ニめいた文言がならんでおります。そういう雰囲気が好きな方には堪らない作品になっている予感が!

擬音フェスティバル – するめデイズ


擬音フェスティバル | するめデイズ |『ゲームマーケット』公式サイト

64枚のカードそれぞれに擬音の一部が書き込まれていて、それを組み合わせてオリジナルの擬音を作り、それがどういった時に使われるのかプレゼンする。聞いてるだけでワクワクするようなゲームです。こういう一点突破なゲーム、好きですよ!!
軽く概要を見るだけでかなりワクワクしてくるゲームですね。これは欲しいです!!

Age of Summoners ~大召喚時代~ – ChickenDiceGames


Age of Summoners ~大召喚時代~ | ChickenDiceGames |『ゲームマーケット』公式サイト

日本ボードゲーム大賞も受賞した「カツカレー喰ってる場合か!?」を輩出している注目circleさんの新作となりますね。やりこみとありますが、ゲーム全体の雰囲気が非常によろしく、30~50分程度で終わるという手軽さがなんとも魅力的です。ドラフト、コスト、箱庭系と私の好物も組み合わされており、非常に興味があります。カード毎に色々と効果があるらしく、アイコンなども非常にシンプルに出来ているようですね。中々骨太な予感がします。


 - まとめ