Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

気軽なチキンレースゲーム! お前潜れよ・・・あれ? 潜るの俺!?「ダンジョンオブマンダム」レビュー

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ダンジョンオブマンダム
(Welcome to the Dungeon)
デザイナーウエスギマサト
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間30分 インスト時間5分
年齢10歳~ プレイ人数2~4人

「ダンジョンオブマンダム」ってどういうゲーム?

「ダンジョンオブマンダム」の紹介

「ダンジョンオブマンダム」はダンジョンと、それに潜る勇者を題材にしたゲーム。プレイヤーはダンジョンと勇者、両方をコントロールしてチキンレースを行うゲームです。

そんな紹介では、どういう事なのかピンと来ないと思います。最初、勇者はとても強力です。ドラゴンを倒せるくらいの強力な武器を持っているくらいです。手番の人は、山札からモンスターカードを引きます。それをダンジョンに配置するのか、捨て札にするのかを選択し、捨て札にしたなら勇者の装備を一つはずす。これを繰り返し、ダンジョンはどんどん強くなっていき、勇者はどんどん弱くなっていく。

パスしたくなったらパスを宣言し、山札には触らない。ルールは基本的にこれだけです。最後の一人がダンジョンへと潜る。髑髏と薔薇を知ってたらピンと来ますかね。典型的なチキンレースとブラフゲームの組み合わせです。どこまで山札からダンジョンにカードを置いていくのか。どのタイミングで装備を外すのか。その駆け引きが面白いです。

「くくく、ドラゴンをダンジョンに放り込んでやったぜ。次はパスしよう」とか思っていても、それを察知されて全員がパスし、自分だけが残って自分で入る羽目になる。

ほかのブラフゲームでは基本的に「チャレンジするか数字を釣り上げるか」といった選択肢ですが、このゲームでは残った人がチャレンジする形になっていて、その点がとてもユニークです。四人に抑えたのもよく効いています。ブラフゲームとしてかなり戦略的で、打算的にも動けるのは凄いかと思います。相手をはめるために動いたつもりが自分が潜るはめになる。良いですね。この仕組はかなり好物です。

コンポーネントも凄くしっかりしていて、カード、タイルともにクオリティが凄く高い。繰り返し遊んでも問題なさそう。安心できます。

プレイ時間30分ですが、実際はもう少し早く追われるのかなと思います。少ない人数でも白熱するブラフと心理戦のやりとりを楽しみたいならこのゲームでしょう。勇者の装備がどんどん剥がされていく様はおかしく、大変不憫で面白いですよ!

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ダンジョンオブマンダム
(Welcome to the Dungeon)
デザイナーウエスギマサト
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間30分 インスト時間5分
年齢10歳~ プレイ人数2~4人


 - レビュー