Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

嫌な奴を押し付け合う楽しさ! ブラフに特化したパーティーゲーム「ごきぶりポーカー」レビュー

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ごきぶりポーカー
(Cockroach Poker)
デザイナージャック・ゼメ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア6.39/10 (2980票)
2004年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

各ボードゲーム賞

  • 2004年アラカルト・カードゲーム大賞
  • 2004年(ドイツ)子供の専門家賞8~13歳部門ノミネート
  • 2004年ドイツ年間ボードゲーム大賞推奨リスト入り
  • 2005年日本ボードゲーム大賞初心者部門
  • 2006年フランス年間ゲーム大賞ノミネート
  • 2007年チェコ年間ゲーム大賞ノミネート

「ごきぶりポーカー」ってどういうゲーム?

「ごきぶりポーカー」の紹介

絵は「ひぐらしのなく頃に」って漫画のコマのパロディです。このゲームやってる時毎回頭をよぎりますが、正直もうネタとして古いですよね。

長く遊べて、そんなに難しくなくて、誰とでも遊べて、安くて、場所を取らなくて、盛り上がれる。そんなゲームってないですかね~? と無理難題にも思える条件をクリアできるゲームがこれです。「ごきぶりポーカー」。

カードにはゴキブリやネズミなど、いわゆる嫌われ者が描かれている。自分の手札からこれらお邪魔者を無くしていくのがこのゲームの目的。わかりやすい。じゃあどうやって無くすの? と言うと、手札からカードを誰かにそっと差し出すだけ。「これはゴキブリだよ!!」と言いながら。

カードを差し出された人は、それが本当か嘘かを判断することになる。本当にそれはゴキブリなのか、違うのか・・・。嘘だと思うなら「嘘だ!!」とでも言いながらめくる。それが正解だと差し出した人に帰っていく。もし間違えたら自分のものに。このカードは手札に入ること無くその人の前にずっと公開されながら居座る。それはもう確定している害虫で、どうにもならない。同じ害虫が4枚揃うと負けが確定してしまう。害虫まみれだから当然だ!

もしもやってきたカードの判断がつかないなら、そっと見てカードを回すことも出来る。その場合もまたそれが何なのかを言う必要がある。ただ気をつけて、言い当てられると自分にその害虫がきちゃうからね!!

というわけで、ひたすらそうやって害虫を押し付け合う。

「これはゴキブリ!!」
「えー?(ちらり)うえ、本当にゴキブリだった。はいどうぞ」
「う・・・(チラ)んーゴキブリだった。ほい」
「・・・・これはゴキブリだと思う!!(ネズミ) あー!!!」

なまじ題材が題材だけに、皆結構本気でカードのやりとりをしていて、カードをめくるドキドキ感と、それを回すヒヤヒヤ感を同時に味わう事ができる。

ルールも凄く単純で、覚えることも少ない。最初にルールを聞くとそれがどう楽しさに繋がるのかわかりづらいけれど、遊んでみるとなるほど、なんとも面白い。

仲良くなるほど戦略性が増す

このゲーム、繰り返し遊ぶほどお互いのクセというか性格がわかってきて、段々と読み合いに深みが増していく。こういう時あいつならこうする、こういう時あのひとは回す。など、人間同士のやりとりが浮き彫りになり、誰も彼もが意地悪な笑みに染まる。その過程がなんとも言えず面白く、またこのゲームの面白さに拍車をかけていきます。

といいつつ心理戦だけかと言えばそうではなくて、表にされたカードは場に提示されるので、そのカードが今何枚あるのかいわゆるカウンティングもできるようになっている。色々な方面から攻略ができるようになっているよく出来たゲームです。

あんまりゲームの勝ち負けにこだわらず、ワーワー仲良く遊べる人たちでやるならこのゲームは一押しだ。何度やっても盛り上がれる定番ゲームだと思う。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ごきぶりポーカー
(Cockroach Poker)
デザイナージャック・ゼメ
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★☆☆☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間20分 年齢8歳~
プレイ人数2~6人 BGGスコア6.39/10 (2980票)
2004年
ドイツ年間ゲーム大賞
ゲーム部門推奨リスト入り

似ているボードゲームのレビュー

「コヨーテ」 : ★★★★☆

デザイン:スパルタコ・アルバタレッリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~6人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「髑髏と薔薇(スカル)」 : ★★★★☆

デザイン:ハーベー・マーリー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、オークション、負け抜け、パーティーゲーム
プレイヤー:3~6人・12歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「お邪魔者」 : ★★★★☆

デザイン:フレデリック・モヤーアセン
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、コミュニケーション、直接攻撃、心理戦・ブラフ、正体隠匿、パーティーゲーム
プレイヤー:3~10人・8歳~

「チャオチャオ」 : ★★★☆☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、すごろく、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・10歳~

「ブラフ」 : ★★★★★

デザイン:リチャード・ボーグ
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、推理、心理戦・ブラフ、オークション、負け抜け、パーティーゲーム
プレイヤー:2~6人・12歳~
1993年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

13個の似ているゲームを全て見る

デザイナー「ジャック・ゼメ」の他のゲーム

「ハムスターロール」 : ★★★★☆

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:ブロック、シンプルなルール、パズル、バランス、アクション、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・6歳~

「ごきぶりサラダ」 : ★★★★★

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~6人・6歳~
2008年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ペリカンベイ」 : ★★★☆☆

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、陣取り、ネットワーク、箱庭、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~


 - レビュー