Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

鶏の足あとのように広がる列が見た目に楽しいドミノゲーム「チキンフット」レビューと感想

      2016/09/24

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ドミノ:チキンフット デザイナー不明
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間10~60分 年齢6歳~
プレイ人数2~8人

「ドミノ:チキンフット」ってどういうゲーム?

「ドミノ:チキンフット」の紹介

ドミノゲーム「チキンフット」はドミノをつなぐ簡単なルールながら牌の出し方に戦略性が強く出る古典ゲームです。

ルール概要

ゲームの目的は手牌を全てなくす事です。

手番でやることは手牌から一枚牌を出すだけ。この時出す牌には縛りがあって、伸びている列の末にあるドット数と同じ牌を出すことになります。

[3]で終わっている列には[3][5]や[3][3]などという牌を面を合わせて配置する事になります。

この時両方が同じドットの牌であるダブル牌、先の例でいくと「[3][3]」などを出すと新たな縛りが発生します。後手番のプレイヤーはこのダブル牌から三本の新しい列が出るまで出す牌が限定されてしまいます。つまりこの場合は3つの[3]のある牌しか出せなくなります。

牌を出すことができない場合、一枚伏せ牌を取ることになります。この時出す事ができた場合それを出す必要があります。

手牌を全て無くした人が0点、他の人は手牌にあるドット数を数えそれがそのままマイナス点となります。

ゲーム感想

手軽な牌の出しあいの中に、ダブル牌を出すタイミングの戦略性とハンドマネジメントがギュギュっと詰まったゲームです。

自分の点数を減らす事を考えつつ、どうすれば他人のマイナス点を増やす事ができるのか。その思考戦に集中する事ができ、じわじわっとした楽しさが詰まっています。

ラウンド数によりましてゲーム時間が長くなりますが、その分長期的な戦略が出てきて侮れないゲームだと思います。

最初にダブル牌を出すと、勿論全員の保有する牌の絶対数が多いので受けられる事が多い。かといって最後に出すと全員出せずゲームがそこで終了する場合もあるわけです。

その塩梅の見極め。そこにしびれるわけですね。

そういいつつゲームとしては基本的にはシンプルで誰でも遊べるルールとなっていますのでファミリーゲームとしても優秀なのではないでしょうか。質感の良いドミノ牌で遊ぶと雰囲気も抜群で「余裕をもって遊んでいる」感が出てとても気分が良いです。

ダブル牌が出た時に伸びる三本の列。これがなるほど、ニワトリの足に見えるからチキンフット。それぞれのプレイヤーの思惑から増えていく列と可能性に一喜一憂できる楽しいゲームだと思います。

ドミノ牌セットによりプレイ人数を調整でき、ゲーマーからカジュアルなプレイヤーまで楽しめる安定さが魅力のゲームです。雰囲気も抜群でシンプルなルールですのでドミノ初体験ゲームの最初のルールとしてもオススメです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ドミノ:チキンフット デザイナー不明
おすすめ度★★★★☆ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間10~60分 年齢6歳~
プレイ人数2~8人

似ているボードゲームのレビュー

「ストライク」 : ★★★★☆

デザイン:ディーター・ヌー・ラー
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、絵・数合わせ、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~5人・8歳~

「タコアラーム」 : ★★★☆☆

デザイン:オリバー・イーゲルハウト
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、絵・数合わせ、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・5歳~

「にわとりのしっぽ」 : ★★★★★

デザイン:クラウス・ツォッホ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、絵・数合わせ、記憶、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~4人・4歳~
1998年ドイツ年間ゲーム大賞:子供大賞

「ラミィキューブ」 : ★★★★★

デザイン:エフライム・ヘルツァノ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、パズル、絵・数合わせ、セットコレクション、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:2~4人・8歳~
1980年ドイツ年間ゲーム大賞:大賞

「お先に失礼します」 : ★★★☆☆

デザイン:フィリップ デ・パリエール & ディディエ・ジャコービー & パトリス・ピエ
どんなゲーム:タイル、シンプルなルール、絵・数合わせ、アブストラクト、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・6歳~

14個の似ているゲームを全て見る

デザイナー「不明」の他のゲーム

「ワードウルフ」 : ★★★☆☆

デザイン:不明
どんなゲーム:シンプルなルール、コミュニケーション、推理、子供でも遊べる
プレイヤー:3~10人・10歳~

「バントゥ」 : ★★★☆☆

デザイン:不明
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、すごろく、アブストラクト、ゲーマーズゲーム
プレイヤー:2~4人・8歳~

「マンカラ」 : ★★★★★

デザイン:不明
どんなゲーム:シンプルなルール、アブストラクト、ファミリーゲーム、子供でも遊べる、知育
プレイヤー:1~4人・8歳~

「パズドラ デッキ構築型ゲーム 攻略!メタドラダンジョン!」 : ★★☆☆☆

デザイン:不明
どんなゲーム:カード、拡大再生産、デッキ構築
プレイヤー:2~4人・15歳~

「パイフェイス」 : ★★★★★

デザイン:不明
どんなゲーム:シンプルなルール、チキンレース、アクション、バカゲー、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・4歳~


 - レビュー