Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

NEWS 送付代のみで自社製作・自作ボードゲームを遊んだ人の本音が聞ける「ノンオブラートレビュー」サービス始めました。

ダイスの数は何個でしょう!? 統計と心理戦のダイスゲーム「ブラフ」レビュー

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ブラフ
(Bluff)
デザイナーリチャード・ボーグ
おすすめ度★★★★★ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間15~30分 インスト時間5分
年齢12歳~ プレイ人数2~6人
1993年
ドイツ年間ゲーム大賞
大賞

「ブラフ」ってどういうゲーム?

「ブラフ」の紹介

ボードゲーム「ブラフ」は、その名通り心理戦に特化したボードゲームです。

手元のカップにはダイスが五個入っていて、それをシャカシャカ振り、周りの人にわからないように自分だけが見ます。ダイスは普通のダイスとは違い、6にあたる出目だけ「☆」になっています。☆の出目はワイルド扱いでどの数字にもなります。5が二個、☆が一つあれば、5は三つと数えます。

そうしたら手番の人は、自分のダイスをふまえてどの出目が何個有るのか。中央のボードを使って宣言します。「5はこの中に10個はある!!」という感じで。そうしたら次の人は、その宣言が本当か、それとも嘘かどうかを判断します。嘘、つまり実際は10個に満たないと思うなら「ブラフ」と宣言。全員が手元のカップを公開して数を公開します。10個はあると思うなら、前の人がした宣言をつり上げる必要があります。基本的なルールはこんな感じで、つり上げルールや☆の数を宣言する場合もあるといった細かいルールもあるのですがそれは割愛します。

この数字をつり上げていく。ブラフかどうかを判断する。その単純な選択肢がとてもヒリヒリする良いゲームです。

ゲームが進むにつれてどんどんダイスが減っていくので読み合いが加速し、単純にワクワク・ドキドキできるのが楽しく、盛り上がります。昔からあるパーティーゲームで定番でもありますが色あせない楽しさ。運の要素はダイスを使うので勿論あるのですが、使うダイスが減っていくのと自分のダイスしか見えないと言うことで推理の余地があり、本質であるブラフによる心理戦が加速していく独特の遊び味があります。

ダイスがなくなると負け抜けになり手持ち無沙汰になるので、軽く遊ぶ場では一人から二人抜けたらリセットするなど予め決めておくと良いでしょう。

統計の知識、ダイスの出目確立などを知っておく必要があり、それにより判断が変わりますが、そんなの気にせずワイワイ楽しむのもまた正解というなんとも懐の広いゲームになっています。なにより、単純にダイスをガシャガシャ振るのは賑やかで楽しいです。

こういう発声が必要なゲームというのはコミュニケーションも加速し、その場に居る人同士で和気あいあいと遊ぶ事が出来るので好きですね。良いゲームです。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前ブラフ
(Bluff)
デザイナーリチャード・ボーグ
おすすめ度★★★★★ ルール難易度★☆☆☆☆
運要素★★★☆☆ 知略・思考要素★★☆☆☆
プレイ時間15~30分 インスト時間5分
年齢12歳~ プレイ人数2~6人
1993年
ドイツ年間ゲーム大賞
大賞

似ているボードゲームのレビュー

「チャオチャオ」 : ★★★☆☆

デザイン:アレックス・ランドルフ
どんなゲーム:ダイス、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、すごろく、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・10歳~

「髑髏と薔薇(スカル)」 : ★★★★☆

デザイン:ハーベー・マーリー
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、オークション、負け抜け、パーティーゲーム
プレイヤー:3~6人・12歳~
2011年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「クルード」 : ★★★☆☆

デザイン:ジョン・ラベル & トーマス・ラビドー & デイブ・ラビドー
どんなゲーム:カード、ボード、ダイス、シンプルなルール、推理、移動・運搬、心理戦・ブラフ、すごろく、中途脱落、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~4人・10歳~

「コヨーテ」 : ★★★★☆

デザイン:スパルタコ・アルバタレッリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~6人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「ごきぶりポーカー」 : ★★★★☆

デザイン:ジャック・ゼメ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム
プレイヤー:2~6人・8歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

8個の似ているゲームを全て見る


 - レビュー