Board game every day

ボードゲームの超個人的感想レビューサイト

twitter_share facebook_share googleplus_share hatena_share

いろいろ体験しました!六月に遊んだボードゲームベスト5

      2016/01/21

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前 おすすめ度
ルール難易度 運要素
知略・思考要素

六月にレビューした36個のボードゲームから、振り返ってみて楽しかったゲーム五つをピックアップして紹介致します。

六月は36個のゲームをレビューしていたようで、平均すると一日一個は新しいゲームを遊んでいたようですね。あれもこれも色々と印象に残るゲームばかりです。新しいゲームから古いゲームまで。チョイスはなんとも悩ましいですが私の個人的な感想を元に書いていきますよ。順位はつけておらず、順不同ですのでどあしからず。

軽めなゲームをかなり沢山遊んだので、チョイスしたゲームはパーティーゲームばかりですね。こういう月もまたあるかと思います。

メイクンブレイク


制限時間積み木ゲーム、ボードゲーム「メイクンブレイク(Make ‘n’ Break)」レビューと感想|Board game every day

大きめなブロック、組み上げるスピード勝負が抜群に楽しいメイクンブレイク。誰と遊んでも盛り上がる事間違いなしの安定感が良いですね。

求め易い価格、耐久性抜群、単純明快なルールが嬉しいゲームです。時間に追われながら急いで組み上げるのは横から見ていても笑えますし、他人の手番が苦にならないのも良いと思います。やはり積み木ゲームは正義ですね。長年皆に愛されているゲームですね。ゲーム賞を取るような驚き、ギミックなどはありませんがこういうのもまた良いですね。

ごきぶりサラダ


パーティーカードゲーム、ボードゲーム「ごきぶりサラダ(Kakerlakensalat)」レビューと感想|Board game every day

出したカードを瞬時に認識して口に出す。シンプルながら続けば続くほどプレッシャーがかかっていくのが病みつきになります。出したカードを口に出すだけなのに、なぜここまで楽しいのか。パーティーゲームとしてある程度の多めな人数まで対応していますし、ハイテンポな進行が良いですね。一ゲーム数十分で終わりますしルールも簡単ですのでさくさくっと繰り返し回すことができるのもいいです。

沢山のカード、求め易い価格、低年齢から遊ぶ事ができますので何を遊ぼう、という時に迷うことが少なくてそれも良いです。

ゾンビツイスト


ダンスとカードのアホゲーボードゲーム「ゾンビツイスト」レビューと感想|Board game every day

「開始前にノリノリの音楽をかける」「出されたカードをフォローできなければその動作を続けなければならない」もうそんな一つ一つのルールがバカな方向に振り切れていて最高です。

テーブルの周りで手足をバタバタして死にそうな虫のごとく蠢く様は端から見ているとまさにゾンビの集まりですよ。遊ぶ機会があれば是非とも遊んで欲しいタイトルですね。

精霊回路ドライブ


協力カードゲーム、ボードゲーム「精霊回路ドライヴ」レビューと感想|Board game every day

パズドラ+TCGという日本人らしいデザインのゲームですね。どのキャラクターを組み合わせるのか悩むのも楽しめつつ、協力ゲームとして皆で敵を倒していく楽しさをしっかりと提供できているのが良いです。繰り返す楽しさ、コンボを考える楽しさがぐぐっと味わえて良い感じです。カードゲームが好きで協力ゲームが好きならオススメの一品です。デザインとかも全体的に凝っていて良い感じ。

世界の七不思議


多人数戦略カードゲーム、ボードゲーム「世界の七不思議(7 Wonders)」レビューと感想|Board game every day

多人数で遊べつつ短い時間であそべ、周りの人との絡みがジワジワと楽しさに繋がってくるゲームです。最初のインストで少し要素が多く戸惑いますが、遊んで見るとすごくサクサクっと遊べちゃうのが良いですね。5人以上で遊ぶ時にさてどれをやろうかという時にチョイスしやすく、ゲーマーが居る場合はさらに楽しめると思います。

レビュー記事の評価は少し低めですが、何度も遊んで見るとじわじわっとその良さを感じられてきて最近評価を変えようと思っています。

※:日本語ルールが付属していない場合があります。必ず確認してください。
名前 おすすめ度
ルール難易度 運要素
知略・思考要素

デザイナー「」の他のゲーム

「ブラックストーリーズ」 : ★★★★★

デザイン:ホルガー・ボッシュ
どんなゲーム:カード、コミュニケーション、推理、パーティーゲーム
プレイヤー:2~20人・12歳~

「宝石の煌き」 : ★★★★★

デザイン:マーク・アンドレ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、拡大再生産、セットコレクション、子供でも遊べる、豪華なコンポーネント
プレイヤー:2~4人・10歳~
2014年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門ノミネート

「コヨーテ」 : ★★★★☆

デザイン:スパルタコ・アルバタレッリ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、心理戦・ブラフ、負け抜け、パーティーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:3~6人・10歳~
2004年ドイツ年間ゲーム大賞:ゲーム部門推奨リスト入り

「スコヴィル」 : ★★★☆☆

デザイン:エド・マリオット
どんなゲーム:ボード、シンプルなルール、依頼達成、オークション(同時)、かわいいコンポーネント
プレイヤー:2~6人・13歳~

「五本のきゅうり」 : ★★★★☆

デザイン:フリードマン・フリーゼ
どんなゲーム:カード、シンプルなルール、トリックテイキング、パーティーゲーム、ファミリーゲーム、子供でも遊べる
プレイヤー:2~6人・8歳~


 - レビュー